◎開会の宣告
○議長(河村忠治君) ただいまから平成16年第9回厚真町議会臨時会を開会いたします。
                              (午後 1時30分)

   ◎開議の宣告
○議長(河村忠治君) 直ちに本日の会議を開きます。
                              (午後 1時30分)

   ◎議事日程の報告
○議長(河村忠治君) 本日の議事日程は、お手元に配布のとおりであります。

   ◎会議録署名議員の指名
○議長(河村忠治君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
  会議録署名議員に今村議員、古川議員を指名いたします。

   ◎会期の決定
○議長(河村忠治君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
  お諮りいたします。
  本臨時会の会期は、本日1日限りといたしたいと思います。これについてご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 異議なしと認めます。
  したがって、本臨時会の会期は、本日1日限りとすることに決定いたしました。

   ◎諸般の報告
○議長(河村忠治君) 諸般の報告を行います。
  議会閉会中における動向については、お手元に配布のとおりであります。

   ◎行政報告
○議長(河村忠治君) 日程第3、行政報告を求めます。
  町長。
○町長(藤原正幸君) 一点について行政報告を行います。
新潟県中越地震の見舞金の対応についてであります。10月23日夕刻に発生した新潟県中越地震では、30市町村に災害救助法が適用され甚大な被害がでております。交通網の寸断等により復旧作業は遅々として進んでおらず、ライフラインの確保もおぼつかない状況であり、これから冬季に向かい年の瀬を迎える被災者の不安は増すばかりと思います。被災者の健康、精神的不安を考えると1日も早い復旧と精神的安定のための各種施策の展開を願うとともに、改めて深甚なるお見舞いを申し上げるところであります。
 この地震に対する見舞金の対応でありますが、北海道は過去に「南西沖地震」、「有珠山の噴火災害」に対し全国から暖かい支援をいただいていることから、北海道町村会が窓口となり、1町村10万円を拠出し、北海道町村会からの拠出金220万円とあわせて2,000万円の支援を決定しております。
 町内の義援金の募集等の状況でありますが、社会福祉協議会、共同募金会なども上部組織からの指示もないことから組織だった動きはしていない状況であります。そんな中、新聞にも出ておりますが、厚南中学校の生徒会が昨年9月の十勝沖地震により被害を受け不便な思いをしたことから、廃品回収や学校祭のバザーなどの売上金13万6千円を小千谷市に、激励の手紙を小千谷市立南中学校に送ることを決定し、来週にも発送する予定となっております。
個人的にも社会福祉協議会に、3件の寄付がありましたが、それについては新潟県の共同募金会に送金しております。
 今後どのような義援活動になるのか分からない状況でありますが、具体的な住民運動等の広がりがでてきた場合、行政も積極的に対応をしていく考えであります。以上であります。
○議長(河村忠治君) 行政報告が終わりましたので、これより質疑を許します。
  質疑ありませんか。
           (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 質疑なしと認めます

   ◎提案理由の説明
○議長(河村忠治君) 日程第4、提案理由の説明を求めます。
  町長。
○町長(藤原正幸君) 今議会にご提案申し上げております案件は、報告1件、承認1件、同意1件、議案1件であります。
  報告第1号は、専決処分、損害賠償額の決定の報告についてであります。平成16年9月26日に上川郡清水町内の駐車場で起きた公用車による物損事故について、示談に必要な損害賠償額が議会において指定されている専決処分事項に該当し、当該額の決定について専決処分いたしましたので、地方自治法第180条第2項の規定により報告するものであります。
承認第1号は、専決処分、平成16年度厚真町一般会計補正予算の承認についてであります。損害賠償の支払いのため、平成16年度厚真町一般会計補正予算を専決処分したので、承認をいただこうとするものであります。
同意第1号は、厚真町教育委員会委員の任命についてであります。厚真町教育委員会委員の幅田敏夫氏は、平成16年12月2日をもって任期満了となりますので、引き続き同氏を任命することについて、町議会のご同意をいただこうとするものであります。
議案第1号は、厚真町収入役事務兼掌条例の制定についてであります。近年、各市町村では厳しい財政環境のもとで一層の行財政改革の推進が求められておりますことから、収入役の選任の取り扱いについても、任期満了の時期等をひとつの区切りとして、選任をとりやめているのが実態であります。このような実態を含め、今後、本町におきましても、収入役を置かずとし、その会計事務等の処理については、助役に兼掌させることとし、本条例を制定しようとするものであります。以上であります。
         (「議案第2号」と呼ぶ者あり)
○町長(藤原正幸君) 大変失礼をいたしました。議案1件と言いましたが、2件でございます。議案第2号は、平成16年度厚真町一般会計補正予算についてであります。今回の補正は、歳入歳出予算の総額に133万1千円を追加し、歳入歳出予算の総額を64億8,185万8千円とするものであります。補正の主なものは、収入役の勇退に伴う給与費387万9千円の減、消費活性化特別対策事業補助金500万円の増などであります。この財源として、繰越金133万1千円をもって、収支のバランスを取ったところであります。
以上が、今議会にご提案申し上げております議案の提案理由であります。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。

   ◎同意第1号の上程、説明、質疑、採決
○議長(河村忠治君) 日程第5、同意第1号「厚真町教育委員会委員の任命」を議題といたします。
  本案について説明を求めます。
  町長。
○町長(藤原正幸君) (議案書及び資料により説明)
○議長(河村忠治君) 説明が終わりましたので、これより同意第1号に対する質疑を許します。
  質疑ありませんか。
         (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 質疑なしと認めます。
  本案については、討論を省略して採決をいたします。
  同意第1号について、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。
         (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 異議なしと認めます。
  したがって、同意第1号は原案のとおり同意することに決定いたしました。
○議長(河村忠治君) ここで暫時休憩をいたします。
                              (午後 1時40分)

○議長(河村忠治君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
                        (午後 1時42分)

   ◎議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決
○議長(河村忠治君) 日程第6、議案第1号「厚真町収入役事務兼掌条例の制定」を議題といたします。
  本案について説明を求めます。
  総務課長。
○総務課長(兵頭利彦君) (議案書及び資料により説明)
○議長(河村忠治君) 説明が終わりましたので、これより議案第1号に対する質疑を許します。
  質疑ありませんか。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 質疑なしと認めます。
  次に、議案第1号に対する討論に入ります。
  討論はありませんか。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 討論なしと認めます。
  それでは議案第1号について、起立により採決いたします。
  本案について、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
          (起立全員)
○議長(河村忠治君) よろしいです。起立全員であります。
  したがって、議案第1号は原案のとおり可決されました。

   ◎報告第1号の報告
○議長(河村忠治君) 日程第7、報告第1号「専決処分の報告」を議題といたします。
  本案について説明を求めます。
  総務課長。
○総務課長(兵頭利彦君) (議案書により説明)
○議長(河村忠治君) 報告第1号は以上をもって報告済みといたします。

   ◎承認第1号の上程、説明、質疑、討論、採決
○議長(河村忠治君) 日程第8、承認第1号「専決処分の承認」を議題といたします。
  本案について説明を求めます。
  総務民生部長。
○総務民生部長(山田政紀君) (議案書により説明)
○議長(河村忠治君) 説明が終わりましたので、承認第1号に対する質疑を許します。
  質疑ありませんか。
  沢口議員。
○沢口伸二君 事故の内容を見ているとですね、過失割合がありそうな感じなんですけれど、過失割合というのはどうだったのでしょうか。
○議長(河村忠治君) 総務課長。
○総務課長(兵頭利彦君) 一応過失については、百ゼロということですね。一方的にこちらの方が後方確認を怠ったということで、終わっております。
○議長(河村忠治君) 今村議員。
○今村昭一君 今、確認しますが、百ゼロということは、相手車両が止まっているところにぶつかったと、いうことになるのかを確認します。それと、状況の説明のところで、バックして、左側から進入してきた車両の運転席側に接触するというのは、どうもちょっと納得できないのですが、どんな状況になったら、そういうふうにぶつかるのかな。ちょっとその辺確認します。
○議長(河村忠治君) 総務課長。
○総務課長(兵頭利彦君) 一応バックしておりますので、運転者から見ての左側からですね、車両が入ってきたということでございます。それと百ゼロの関係なんですけれども、ほとんど停止状態だったということでございます。それと公用車の方には一切、バンパーにもですね、傷がつかなかったということ。ですけど相手の車を押し付けてしまって、凹ませてしまったという状態で、こういうような賠償額で示談が成立いたしました。
○議長(河村忠治君) ほかに。
○議長(河村忠治君) 以上で質疑を終わります。
次に、承認第1号に対する討論に入ります。
  討論はありませんか。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 討論なしと認めます。
  それでは承認第1号について、採決いたします。
  本案について、報告のとおり承認することにご異議ありませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 異議なしと認めます。
  したがって、承認第1号は報告のとおり承認することに決定いたしました。

   ◎議案第2号の上程、説明、質疑、討論、採決
○議長(河村忠治君) 日程第9、議案第2号「平成16年度厚真町一般会計補正予算」を議題といたします。
  本案について説明を求めます。
  総務民生部長。
○総務民生部長(山田政紀君) (議案書及び資料により説明)
○議長(河村忠治君) 説明が終わりましたので、議案第2号に対する質疑を許します。
  質疑ありませんか。
  山田議員。
○山田英雄君 例年この事業行われているわけでございますけれども、この効果、波及効果ですね、これについてどのように判断されているか。
○議長(河村忠治君) 商工経済課長。
○商工経済課長(三好修君) 波及効果ということでございますが、この件につきましては、全額ですね、町内で消費されるものでございまして、町内の商店街始めですねJA、農機具の修理等ですね、かなり波及効果があると考えてございます。
○議長(河村忠治君) 沢口議員。
○沢口伸二君 関連なんですが、3年か4年続けている事業なんですけれども、初年度はしょうがないというか、途中で立案して補正予算組んだのだろうけれども、ここ何年間やるごとに、去年もそうですし、また今年もそうですし、補正予算で対応している。もしこれがある程度定着したなと思ったらですね、そのような感覚を持っているのなら、当初予算での、計画ですね、そのあたりは、どうなんでしょう、考えられるのか、来年もまたこの時期になってまた補正ということになるのか、その辺の考えはどうですか。
○議長(河村忠治君) 町長。
○町長(藤原正幸君) 今、沢口議員のご質問でありますが、当初予算に組んではどうかということでありますが、やはりですね、消費者の皆さんそして販売する皆さん、その年年によって経済状況というものが変わります。その変化を見てということで、昨年は1千万、町の支援をしたんでありますが、今年は5百万ですね、総額で5千万売り上げて町が5百万でありますが、今年は豊作ムードであるということがありますが、中身を分析しますと必ずしもそうでない、かなりのいろんなことがあると、生産者であっても消費者に回るわけでありますから、そういうことを考えますとやはり今年も、昨年ほどではないとは言いながらですね、豊作ムードという中で、さてということで、随分われわれ論議もさせていただきました。それと消費者の皆さんがですね、なぜこのようなことをするんだろうかと、われわれも町外でですね、安い、たくさんの品揃えでもありますから、それを買えばいいんだけれども、そういう気持ちを町内に向けさせる、これが言ってみれば愛町購買運動という形で、ずーっとやっております。その考え方をですね、私はこの応援券の中で定着させたいと思います。もうとにかく町内で買える物は町内で買うんだということでですね、今当面は応援券というような形で支援しておりますが、これが定着すれば、町民の皆さん全部、厚真町で買えるものは買うと、こういうですね、気持ちになっていただくようにという、私の考え方もございます。そういうことで今沢口議員がおっしゃったようにですね、定着したとすれば当初予算化ということでありますが、まだそこまで踏み切れないという状況もありますので、ご理解をいただきたいと思います。
○議長(河村忠治君) ほかに。
○議長(河村忠治君) 以上で質疑を終わります。
  次に、議案第2号に対する討論に入ります。
  討論はありませんか。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 討論なしと認めます。
  それでは議案第2号について、起立により採決いたします。
  本案について、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
          (起立全員)
○議長(河村忠治君) よろしいです。起立全員であります。
  したがって、議案第2号は原案のとおり可決されました。

   ◎閉会の宣告
○ 議長(河村忠治君) 以上をもって本臨時会に付議された案件の審議がすべて終了いたしましたので、本日の会議を閉じます。
 これをもって平成16年第9回厚真町議会臨時会を閉会いたします。
(午後 1時59分)