――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎開会の宣告
○議長(河村忠治君) ただいまから、平成20年第5回真町議会臨時会を開会いたします。
                (午前 9時30分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎開議の宣告
○議長(河村忠治君) ただちに本日の会議を開きます。
                    (午前 9時30分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎議事日程の報告
○議長(河村忠治君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎会議録署名議員の指名 
○議長(河村忠治君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
会議録署名議員に米田議員、木村議員を指名いたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎会期の決定
○議長(河村忠治君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
  お諮りいたします。
本臨時会の会期は本日1日限りといたしたいと思います。これについてご異議ありません
 か。
        (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 異議なしと認めます。
  したがって、そのように決定いたしました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎諸般の報告
○議長(河村忠治君) 諸般の報告を行います。
議会閉会中における動向については、お手元に配付のとおりであります。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎行政報告
○議長(河村忠治君) 日程第3、行政報告を求めます。
  教育長。
○教育長(兵頭利彦君) それでは学校給食におけます事故米穀について行政報告をいたします。
平成20年第3回厚真町議会定例会におきまして、事故米穀が混入した可能性のある手づくり厚焼玉子を平成16年度から19年度までに計6回、学校給食に使用したことを行政報告させていただきました。しかし、このほど農林水産省が事故米穀を使用した島田化学工業株式会社のでんぷんの製造ロット番号や製造年月日を公表したため、手づくり厚焼玉子製造のすぐる食品株式会社がその情報をもとに自社製品を調査したところ、事故米穀が混入した製品の賞味期限は平成18年2月16日から3月16日までの1ヶ月間に限定することが確認されました。その結果、学校給食センターで給食に6回使用した手づくり厚焼玉子には、事故米穀が混入していないことが判明いたしました。このため、厚真町教育委員会では手づくり厚焼玉子の安全性につきまして10月27日に全小中学校の校長と保護者の皆様に文書でお知らせしたところでございます。
  今後も食材の安全性を十分に確保し、万全を期して学校給食の提供に努めていくところでございます。
○議長(河村忠治君) 行政報告が終わりましたので質疑を許します。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 質疑なしと認めます。


   ◎提案理由の説明
○議長(河村忠治君) 日程第4、提案理由の説明を求めます。
町長。
○町長(宮坂尚市朗君) 本日ご提案申し上げます案件は、議案2件であります。議案第1号
 厚真町地域情報通信基盤整備工事請負契約の締結について、本件について10月22日に指名競争入札を実施した結果、東日本電信電話株式会社に落札したので、同社と契約を締結することについて、厚真町議会の議決に付すべき契約等に関する条例に基づき議決をいただこうとするものであります。
  議案第2号厚真町土地開発公社定款の変更について、一般社団法人及び一般社団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律が平成20年12月1日に施行されることにより、民法及び公有地の拡大の推進に関する法律の一部が改正されることから、厚真町土地開発公社定款の変更について、公有地の拡大の推進に関する法律第14条第2項の規定により提案するものであります。
  以上が、今議会に提案申し上げております議案の提案理由であります。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。
  ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決
○議長(河村忠治君) 日程第5、議案第1号厚真町地域情報通信基盤整備工事請負契約の
締結を議題といたします。
  本案について、説明を求めます。
  総務課参事。
○総務課参事(佐藤忠美君) (議案書及び資料により説明)
○議長(河村忠治君) 説明が終わりましたので、議案第1号に対する質疑を許します。
  質疑ありませんか。
  今村議員。
○今村昭一君 設計技術というのか、どのようなことからこのようなことが起きるのかと、いわゆる8千700万円と1億5,000万円、倍くらいの金額が出てきたという何がそういう原因を招いたのかという、何か説明のつくことはありませんか。
○議長(河村忠治君)まちづくり推進課長
○まちづくり推進課長(小松豊直君)この電子通信工事、これは私たちからみると土木工事と違いまして、特殊な工事でありましてほとんど見積もりをもって積算しております。こういうこともありまして通常ですと、発注者側がひとつひとつ基準にのっとって設計してまいります。設計の基準というのは相手側の業者にもございます。ですから、通常はひとつの工事というのは似たような設計金額になるものでございますけれども、今回の通信工事というのは部品の寄せ集めのようなもので、それらの部品をどこから調達することによって会社により大きな開きの見積もりの差が出てきております。多分その結果だろうというふうに私共は思っています。
○議長(河村忠治君) ほかに。
  木本議員。
○木本清登君 金額でないことでもいいですか。
○議長(河村忠治君) 質問。
○木本清登君 工事内容というのですか。前に一回やった、どの辺の地域のどういうことをやる、もしわかる範囲でいいんですが。
○議長(河村忠治君) まちづくり推進課長。
○まちづくり推進課長(小松豊直君) 工事概要の概略でございますけれども、光ケーブルを22K敷きます。光ケーブルの接続に伴う各部品がつきます。そして、これらのセンター設備ということで役場の中にそれらをインターネット、ネットワークを制御する機器類が入ります。言葉にいたしますとそういった簡単なものになるんでございますけれども、必要でありましたら工事概要抜粋いたしまして資料としてお配りしたいと思いますけれども。
        (「補正予算の時に出さなかった。出している。」と呼ぶ者あり)      ○まちづくり推進課長(小松豊直君) 補正予算の時に出しています。
○議長(河村忠治君)
  木本議員。
○木本清登君 すいません。ハード的な工事内容じゃなくて、なんていうのかな、この辺の範囲をこういうことをやるんですよとか、町民に対してこんなことが、これからどうなるんですかとか、そういうことがちょっと。
○議長(河村忠治君) まちづくり推進課長。
○まちづくり推進課長(小松豊直君) 町民向けブロードバンド整備を行います。これは厚真市街地区、上厚真地区これはNTTのADSLがはいっておりますのでそれ以外の地域、それに対して厚真町がブロードバンドサービスの提供を行うということで、光ファイバーを直接接続する地域、それとそれらでない地域については無線をもちいてブロードバンドサービスの提供を行うものでございます。直接光をつなぐ地域というのは山間部で電波の届かない地域、今考えておりますのは富里、高丘、幌内この地区の一部については直接住宅に光をケーブルに敷く工事を考えています。その他の富野、鹿沼、軽舞、豊丘方面につきましては、平坦地でございますのでアンテナを建ててそこから電波をだして各家庭のアンテナで受けてインターネットを行うことを考えておりまして、それらの整備家屋はおおよそ400世帯を想定しております。既存が1,500世帯ありますので約1,900世帯は今回の整備でブロードバンドカバー地域ということになり、今現在の概算ですけれどもこの工事が終わりましたら厚真町の95%がブロードバンドカバー地域になるだろうというふうに予想しております。
○議長(河村忠治君)木本議員。
○木本清登君 今、私聞いたのはあのですね、ブロードバンドとかこれをやってしまうと大体厚真町全体のテレビの難聴地域というところが、大体これを使えばなくなる、出きるということですか。
○議長(河村忠治君) まちづくり推進課長。
○まちづくり推進課長(小松豊直君) 今の技術といいますか、これは電波、テレビ放送は流すことはできません。これは今の技術的な問題もございまして、これはあくまでもインターネットブロードバンドということになります。難聴対策というのは別方法で考えております。
○議長(河村忠治君) ほかに。下司議員。
○下司義之君 先ほど今村議員が質問したことと関連するんですけども、関連するというか、同じようなことになるんですけども、あの、やはりこれだけの価格差が入札の金額の差が出たということに関しては、何らかの問題があるというふうに思うのです。例えば、その部品の調達コストの単価が違うとしても、これだけの価格差が発生するということに関しては、やはりちょっと何か問題があるというふうに思います。これに関しては、発注する段階での案内の仕方に問題があったのか、それと業界事態のそういった問題がないのかというようなことは、今後のためにも調べておく必要があると、いかがでしょうか。 
○議長(河村忠治君) 副町長。
○副町長(古川元三君) 今お尋ねの件でございますが、まず設計金額と入札の金額が大幅に違うという点についてでございますが、一般的には先ほど小松も申し上げたように、こちらで発注するときはですね、土木だとか建築の場合は細かい数量まで示してですね、応札をしていただくという方法をとっております。従いまして、今まで何回も申し上げておりますように標準歩掛り的なものがございまして、標準単価的なものがございますので設計金額を上回る入札というのはほぼあり得ないということでございます。それは一般的な今までの皆さん方が承知している入札方法だと思います。今回の入札につきましてはですね、発注方法がそういう細かい数量的なものは一切示してございません。示しているのはですね、仕様書でございます。例えば、こういう部品を使っていただく、同等以上という表現でいですね。
(「はい」と呼ぶ者あり)  
 標準的な最低のですね、ものの仕様を示して同等以上という表現で発注しております。ほとんどすべての機材がそういった内容になっていると思います。そこでですね、入札を行うとする業者さんがですね、自分のところで調達できるといいますかね、例えば、メーカーさんでございましたら自分のとこの機材を多分使うと思うんですよね。そういったことで価格差に非常にバラつきが出ていると思います。ということで、今回こういった結果になったんだと思いますが、それに対しては発注者側としてどうしてそういう事態になったのかというは、
 私共あまり気にしてはございませんので特に調査する必要もないかというふうに考えています。以上でございます。
○議長(河村忠治君) ほかに。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 以上で質疑を終わります。
  次に、議案第1号に対する討論に入ります。
  討論はありませんか。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 討論なしと認めます。
  それでは議案第1号について起立により採決いたします。
  本案について原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
(起立全員)
○議長(河村忠治君) 起立全員であります。
  したがって、議案第1号は原案のとおり可決されました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎議案第2号の上程、説明、質疑、討論、採決
○議長(河村忠治君) 日程第6、議案第2号厚真町土地開発公社定款の変更を議題といたします。
本件については、地方自治法第117条の規定により、海沼議員及び木村議員は除斥となりますので、退場を求めます。
(海沼議員及び木村議員退場)
○議長(河村忠治君) 本案について説明を求めます。
まちづくり推進課長。
○まちづくり推進課長(小松豊直君)  (議案書及び資料により説明)
○議長(河村忠治君) 説明が終わりましたので、議案第2号に対する質疑を許します。
  質疑ありませんか。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 質疑なしと認めます。
  次に、議案第2号に対する討論にはいります。 
  討論ありませんか。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 討論なしと認めます。
  それでは、議案第2号について起立により採決いたします。
  本案について、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
           (起立全員)
○議長(河村忠治君) 起立全員であります。
  したがって、議案第2号は原案のとおり可決されました。
  ここで、除斥議員の入場を認めます。
(海沼議員及び木村議員入場)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎閉会の宣告
○議長(河村忠治君) 以上をもって、本臨時会に付議された案件の審議がすべて終了いたしましたので、本日の会議を閉じます。
 これをもって、平成20年第5回厚真町議会臨時会を閉会いたします
                               (午前9時53分)