――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎開会の宣告
○議長(河村忠治君) ただいまから、平成21年第4回厚真町議会臨時会を開会いたします。
(午後 1時30分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎開議の宣告
○議長(河村忠治君) 直ちに本日の会議を開きます。
(午後 1時30分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎議事日程の報告
○議長(河村忠治君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎会議録署名議員の指名 
○議長(河村忠治君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
会議録署名議員に米田議員、木村議員を指名いたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎会期の決定
○議長(河村忠治君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
お諮りいたします。
本臨時会の会期は本日1日限りといたしたいと思います。これについてご異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 異議なしと認めます。
したがって、そのように決定いたしました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎諸般の報告
○議長(河村忠治君) 諸般の報告を行います。
議会閉会中における動向については、お手元に配付のとおりであります。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎行政報告
○議長(河村忠治君) 日程第3、行政報告を求めます。
町長。
○町長(宮坂尚市朗君) 平成21年第4回臨時議会にあたり、1点についてご報告申し上げます。
新型インフルエンザの対応について。
4月下旬から報道されていた米国やメキシコにおける新型インフルエンザの流行に関するWHOの警戒情報が28日早朝にフェイズ4引き上げられたことを受け、本町においても町民生活の安全安心を図る必要があることから、同日、庁内に関係課長等による感染症等危機管理対策会議を設置し、緊急に必要な対策を図ることとしました。
内容は、町民の皆さんが報道等によって不安な気持ちを抱かせないよう保健福祉課には相談窓口を設けるとともに、近隣でもインフルエンザによる学級閉鎖が起きているなど、一般の流行性インフルエンザも収束していない状況から、衛生管理の基本となる手洗いやうがい、マスクの着用を呼びかけるチラシを全戸配布しました。
また、本年度の当初予算で計上した,感染症対策の初動体制を確保する防護服の追加購入や必要となる諸資材を緊急に確保することといたしました。
ここ数日の世界を巡る新型インフルエンザの報道によると、昨日夕方には警戒レベルがフェイズ5に引き上げられるなど、世界的な流行に及ぶ恐れが出てきており、国内においても感染を疑われる方が出てきているなど、予断を許さない状況であります。
しかし、国や北海道における注意喚起や諸対策も進められており,昨日30日には東胆振管内1市4町における自治体や関係機関による対策連絡会も設置され医療機関の受け入れ体制整備、情報伝達等について準備が進められております。
いずれにいたしましても、町民の皆さんの安全と安心を確保するよう努めてまいりたいと考えておりますし、町民の皆さんも手洗いやうがいなどの基本的な感染を予防する衛生管理に努力していただきたいと考えております。
以上です。
○議長(河村忠治君) 行政報告が終わりましたので質疑を許します。
質疑ありませんか。
木戸議員。
○木戸嘉則君 いますごくマスコミ等でも取り上げておりまして、ここにありましたようにマスク消毒剤が早急に本町の方に間に合うのか。それと医療機関の体制ですが、1市4町の中で苫小牧が中心となると思うんですが、その医療関係の病院はどこなのかお伺いしたいと思います。
○議長(河村忠治君) 総務課長。
○総務課長(近藤泰行君) 最初のご質問のマスク、消毒薬のことについてでございますけども、万が一このインフルエンザが蔓延したと、こういう事態になったとき、あるいはそれになりそうだという恐れがあるときに当然町職員も、住民の方に対する食糧供給であるとか、いろんな作業が出てまいります。あるいは健康相談に乗る職員も出てまいりますので、そのような初動体制を確保するために、防護服、マスクそれから消毒薬、最低の分につきましては初動体制が確保できる数量を一応確保いたしました。
それ以上、一般町民向けの方についてはそれぞれの町民の皆さんに自己防衛をしていただく観点で、手洗い、うがいあるいはマスクの着用をそれぞれにやっていただく、ということでありますけども、初動体制を図る準備にかかる程度の資材は最低限そろえたところでございます。
○議長(河村忠治君) 2点目。保健福祉課長。
○保健福祉課長(加藤恒光君)医療関係について申し上げます。
昨日保健所におきまして東胆振管内の自治体並びに消防署、警察署の関係者による連絡会議、更に夜には医師など含めた医療関係の打ち合わせ会議がございました。苫小牧保健所管内でのいま行っている対応についての情報が寄せられました。その中で苫小牧保健所管内といたしましては感染症指定医療機関として苫小牧市立病院と道立苫小牧病院の2つの病院が指定されておりますけども、この発生が進んだ段階で受け入れ機関となる発熱外来の医療機関としてこの2つの病院を指定したいということで病院側と協議を進めている段階でございます。
新聞等ではすでに発熱外来がこの2つの病院になったという報道がされておりますけども、現段階ではそのような事実はないということでございます。いま病院側に要請を行っているという段階でございます。
この病院が指定された段階で、発熱相談センターというのが保健所に26日に設置されておりますのでこの窓口を通して病院側と保健所が調整を行っていくという、今の段階ではこのような状況になっております。
○議長(河村忠治君) ほかに。
○議長(河村忠治君) 以上で質疑を終わります。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎提案理由の説明
○議長(河村忠治君) 日程第4、提案理由の説明を求めます。
町長。
○町長(宮坂尚市朗君) 本日ご提案申し上げます案件は、議案2件であります。
議案第1号 厚真町税条例の一部改正について。
個人町民税における住宅ローン特別控除の創設等による地方税法の改正に伴い、厚真町税条例の一部を改正しようとするものです。
議案第2号 平成21年度厚真町一般会計補正予算について。
今回の補正は歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ369万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を50億8,719万1,000円とするものであります。
主な補正の内容ですが、農業費においてグリーンツーリズム推進事業費の追加であります。
この補正の財源として特定財源の国庫補助金で277万円、一般財源の繰越金で92万5,000円を見積もり、収支のバランスを取ったところであります。
以上が、今議会にご提案申し上げております議案の提案理由であります。
よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決
○議長(河村忠治君) 日程第5、議案第1号 厚真町税条例の一部改正を議題といたします。
本案について説明を求めます。
町民課長。
○町民課長(長谷川栄治君) (議案書及び資料により説明)
○議長(河村忠治君) 説明が終わりましたので、議案第1号に対する質疑を許します。
質疑ありませんか。
今村議員。
○今村昭一君 説明資料2ページ(3)の表記、なんかちょっと日本語として非常に不明、個人が平成21年、22年中に取得した土地、この取得したという言葉がどこにどういうふうに絡んでいるのか。この日本語の使い方はどうなのかな。これは条例とどういうふうに関係するか知らないけども。どういうふうに絡むんですか、取得したは。
○議長(河村忠治君) 町民課長。
○町民課長(長谷川栄治君) これは附則第17条関係でございまして、町民が平成21年と22年、この2カ年で土地を取得した場合を想定しておりまして、その場合は取得した後5年間保有した後に例えば譲渡した場合、誰かに売った場合について1,000万円の特別控除が適用になるということでございます。
○議長(河村忠治君) 町民課長。
○町民課長(長谷川栄治君) 議案書では6ページの下段の方に附則第17条の2第1項及び第2項中、平成21年を平成26年に改め、ということでこれは20年21年に取得した場合は26年度以降に適用を受けますよという条文の一部になっております。この条文の中からは見えませんので。
○議長(河村忠治君) 町民課長。
○町民課長(長谷川栄治君) 説明資料の26ページをお願いします。26ページの下段の方に長期譲渡所得に係る個人の町民税の課税の特例というのがございまして、この中で租税特別措置法という法律に基づいて今回の21年22年取得分についての条文が中でうたわれております。うちの方ではこれに関わる部分ということで、今回の条例改正になっております。
○議長(河村忠治君) よろしいですか。
今村議員。
○今村昭一君 21年22年に土地を取得した者という、21年22年に土地を買えという特例措置条例、地方税の改正だということですか。21年22年に土地を取得した、そして5年間持っていれば特別控除するよと。そんな将来のことを約束する地方税の改正?
○議長(河村忠治君) 町民課長。
○町民課長(長谷川栄治君) 先ほど説明資料の中で、上場株式等の配当の関係でご説明しましたが、この中でも目的に投資の活性化を図る目的で上場株式の配当等譲渡益、これにつきまして軽減措置が図られております。土地につきましても21年22年活発な取引を助長すると助長するということで軽減措置が図られております。21年22年に買わなければならないということではなく、この時期に買った場合にこのような減税措置をするという活発な資金の流れというか、そういうものが目的とされております。
○議長(河村忠治君) ほかに。
下司議員。
○下司義之君 説明資料の21、22年という使い方と、条例の中では年度という使い方をしていますが、この違いはどういう事なんですか。
○議長(河村忠治君) 総務課長。
○総務課長(近藤泰行君) 4月から3月までを一般的には年度と言っていますが、税法上では暦年を年度と表現しております。1月から12月までというふうに解釈することができます。
○議長(河村忠治君) よろしいですか。
○議長(河村忠治君) 暫時休憩します。

休憩 午前13時58分

再開 午前14時32分

○議長(河村忠治君) それでは、議会を再開いたします。
ただいま議題となっております議案第1号厚真町税条例の一部改正について議案の訂正の申し出がありましたので発言を許します。
副町長。
○副町長(古川元三君) ただ今議長のお許しをいただきましたので大変恐縮でございますが、議案の訂正をお願いします。
議案書の10ページをお開き願います。附則の第1条でございますが、ここに施行期日の規定がございます。この条例は平成21年4月1日から施行する、という文言でございますが、施行日につきましては遡って施行することは出来ませんので、ただ今配布いたしましたように、第1条この条例は公布の日から施行し平成21年4月1日から適用する、ということにご訂正をお願い申し上げます。大変申し訳ございませんでした。
○議長(河村忠治君) 今村議員。
○今村昭一君 質問の趣旨訂正をいたして質問したいと思います。
いわゆる長期譲渡の特別控除、10年以上ということだったかな、それをこの21年22年に取得したものに対しては5年間に短縮するという意味に理解いたしましたがどうですか。
○議長(河村忠治君) 町民課長。
○町民課長(長谷川栄治君) 今回の条例改正、土地の長期譲渡所得に係る分につきましては、新たに創設と言うことで初めての条例で、以前の条例等の影響は及ぼしておりません。
○議長(河村忠治君) 今村議員。
○今村昭一君 この譲渡所得、長期という表現が元々あって、年数が10年だったか15年だったか、そういう規定で短期の場合は40何%とか言うことで、1,000万とかそういう控除がないと、そういう税の仕組みになっていたと思うんですけども、そこら辺の比較、ちょっとお尋ねしますけども。
○議長(河村忠治君) 町民課長。
○町民課長(長谷川栄治君) 以前の長期譲渡所得について、いま資料がないんですが、今回の土地等の上記所得というのは21年と22年に取得した土地を5年以上保有して保有後に譲渡した場合の特例措置と言うことで今回新たな創設でございます。
○議長(河村忠治君) 2点目、下司議員の質問に答えて頂きたいと思います。
町民課長。
○町民課長(長谷川栄治君) 先ほど21年が26年と言うことで、私の方で誤って説明しておりまして、優良住宅の減税措置が21年までであったものを、更に26年まで5年間延長するという旨の条文でしたので訂正いたします。
年と年度の絡みでございますが、町民税につきましては1月から12月まで1年のものを翌年の年度で税の対象期間となるということで21年、22年に取得したものを5年後の年度でということで、年度の場合は4月から3月ということになりますので、賦課の係るものは年としまして1月から12月31日までということでございます。
○議長(河村忠治君) よろしいですか。
ほかに。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 以上で質疑を終わります。
次に、議案第1号に対する討論に入ります。
討論はありませんか。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 討論なしと認めます。
それでは、議案第1号について起立により採決いたします。
本案について原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
(起立全員)
○議長(河村忠治君) 起立全員であります。
したがって、議案第1号は原案のとおり可決されました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎議案第2号の上程、説明、質疑、討論、採決
○議長(河村忠治君) 日程第6、議案第2号 平成21年度厚真町一般会計補正予算を議題といたします。
本案について説明を求めます。
総務課参事。
○総務課参事(佐藤忠美君) (議案書及び資料により説明)
○議長(河村忠治君) 続いて、補足説明を求めます。
産業経済課参事。
○産業経済課参事(新飯田治君) (議案書及び資料により説明)
○議長(河村忠治君) 説明が終わりましたので、議案第2号に対する質疑を許します。
質疑ありませんか。
木村議員。
○木村幸一君 なぜ今の補正になったのですか。予算に間に合わなかったということなんですか。
○議長(河村忠治君) 産業経済課参事。
○産業経済課参事(新飯田治君) 基本的に今回補助事業ということで、今お話ししたとおり、予算の査定時期に国の方に要望書という形で提出しております。ただ、その内容が補助対象になるかどうかという懸念もございましたので、国から内示されるまで予算付けについては補正予算という形で対応していきたいということで当初予算で提示しておりませんでした。
○議長(河村忠治君) ほかに。
下司議員。
○下司義之君 この国の補助金なんですが、電源地域産業育成支援事業補助金なんですけども、これはどういったことに使える補助金なんでしょうか。
○議長(河村忠治君) 総務課参事。
○総務課参事(佐藤忠光君) 補助の対象となる事業でございますけども、私の持っている資料で申し上げますと、人材の育成事業、或いは産業育成事業、産業育成融資事業、それからマーケティング事業、さらには技術導入事業と先ほど申し上げました地域活性化イベント支援事業等がこの中の事業としてうたわれているものがございます。
○議長(河村忠治君) ほかに。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 以上で質疑を終わります。
次に、議案第2号に対する討論に入ります。
討論はありませんか。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 討論なしと認めます。
それでは、議案第2号について起立により採決いたします。
本案について原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
(起立全員)
○議長(河村忠治君) 起立全員であります。
したがって、議案第2号は原案のとおり可決されました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎閉会の宣告
○議長(河村忠治君) 以上をもって、本臨時会に付議された案件の審議がすべて終了いたしましたので、本日の会議を閉じます。
これをもって、平成21年第4回厚真町議会臨時会を閉会いたします。
(午後 14時51分)