――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  
   ◎開会の宣告
○議長(河村忠治君) ただいまから、平成21年第6回厚真町議会臨時会を開会いたします。
(午前 9時30分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎開議の宣告
○議長(河村忠治君) 直ちに本日の会議を開きます。
(午前 9時30分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎議事日程の報告
○議長(河村忠治君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎会議録署名議員の指名 
○議長(河村忠治君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
会議録署名議員に今村議員、海沼議員を指名いたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎会期の決定
○議長(河村忠治君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
お諮りいたします。
本臨時会の会期は本日1日限りといたしたいと思います。これについてご異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 異議なしと認めます。
したがって、そのように決定いたしました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎諸般の報告
○議長(河村忠治君) 諸般の報告を行います。
議会閉会中における動向については、お手元に配付のとおりであります。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎提案理由の説明
○議長(河村忠治君) 日程第3、提案理由の説明を求めます。
町長。
○町長(宮坂尚市朗君) 本日ご提案申し上げます案件は、議案3件であります。
議案第1号 本郷特定公共賃貸住宅建築工事請負契約の締結について。
本件について、7月14日に指名競争入札を実施した結果、矢部・武山経常建設共同企業体と契約を締結することについて、「厚真町議会の議決に付すべき契約等に関する条例」に基づき、議決をいただこうとするものであります。
議案第2号 物品の取得について。
平成14年度に更新をした住民記録システムの老朽化が進んでいることから、新たな住民記録システムの導入について選定委員会を設置し、導入システム及び納入業者の選定を総合評価方式によりシステムの機能、操作性、非常時の対応及び導入金額など多方面から検討し決定をいたしました。物品の取得に当たっては、北海道市町村備荒資金組合の備荒資金により割賦購入しようとするものであり、厚真町議会の議決に付すべき契約等に関する条例第3条に基づき議決をいただこうとするものであります。
議案第3号 平成21年度厚真町一般会計補正予算について。
今回の補正は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億1,563万9千円を追加し、歳入歳出予算の総額を52億3,974万1千円とするものであります。
主な補正の内容ですが、総務費において、庁舎管理事業及び定住化促進対策事業の追加。
衛生費において、害虫駆除に伴う環境衛生一般事業の追加。
土木費において、公園等管理事業の追加。
教育費において、理科教育教材の整備に伴う教育振興推進事業の追加。
また、地域活性化・経済危機対策臨時交付金事業といたしまして、総務費において、企業誘致促進事業及び防犯灯等整備事業の追加。
商工費において、生活応援商品券事業の追加。
土木費において、町道整備事業及び河川等環境整備事業の追加。
教育費において、学校通信整備事業及び図書データベース化事業並びに公民館通信整備事業費の追加などであります。
この補正の財源として、国庫支出金等の特定財源で9,790万5千円、繰越金等一般財源で1,773万4千円と見積もり、収支のバランスをとったところであります。
以上が、今議会にご提案申し上げております議案の提案理由であります。
よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決
○議長(河村忠治君) 日程第4、議案第1号 を議題といたします。
本案について説明を求めます。
総務課参事。
○総務課参事(佐藤忠光君) (議案書及び資料により説明)
○議長(河村忠治君) 説明が終わりましたので、議案第1号に対する質疑を許します。
木村議員。
○木村幸一君 この公営住宅は、先に建設した1号2号棟と同じ内容の方式なのかどうか。この住宅に関して新たな設計で建設するのか、その点についてお願いします。
○議長(河村忠治君) 建設課参事。
○建設課参事(西尾茂君) この住宅につきましては、1号棟2号と仕上げ等の内容につきましては、ほとんど変わってございません。
ただ、今回12戸全部が3LDKということで面積が大きくなったものですから、設計等につきましては仕直しをいたしてございます。仕上げ等につきましては従来のものとほとんど変わってございません。
○議長(河村忠治君) ほかに。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 以上で質疑を終わります。
次に、議案第1号に対する討論に入ります。
討論はありませんか。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 討論なしと認めます。
それでは、議案第1号について起立により採決いたします。
本案について原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
(起立全員)
○議長(河村忠治君) 起立全員であります。
したがって、議案第1号は原案のとおり可決されました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎議案第2号の上程、説明、質疑、討論、採決
○議長(河村忠治君) 日程第5、議案第2号 物品の取得を議題といたします。
本案について説明を求めます。
総務課長。
○総務課長(近藤泰行君) (議案書及び資料により説明)
○議長(河村忠治君) 説明が終わりましたので、議案第2号に対する質疑を許します。
質疑ありませんか。
木本議員。
○木本清登君 一つ聞きたいんですけど、見積金額と予定金額が二つのグループに分かれてしまっているんですけど、予定価格が正しいという検討結果の根拠はあるんですか。予定価格決めてから検討したんでしょうか。
○議長(河村忠治君) 総務課長。
○総務課長(近藤泰行君) 今回の提案につきましては、もちろん町の予算がございますので予算を積算した段階で、当然業者から見積もりを取って適正であるであろうという予算をもって、それを予定価格といたしております。ただ、これは一応の当初予算に組まれた、予算を超えない範囲でということであります。
当然提案内容が大変すばらしく、良いということであれば追加補正してもそういう事が起きうるかもしれませんでしたけども、今回につきましては提案内容について、ここに書いてある3社のほうから提案を頂きましたのでその中の最良のシステムを選定して、そして金額もたまたま最低金額の方を予算の範囲内ということで決定したということであります。
○議長(河村忠治君) ほかに。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 以上で質疑を終わります。
次に、議案第2号に対する討論に入ります。
討論はありませんか。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 討論なしと認めます。
それでは、議案第2号について起立により採決いたします。
本案について原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
(起立全員)
○議長(河村忠治君) 起立全員であります。
したがって、議案第2号は原案のとおり可決されました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎議案第3号の上程、説明、質疑、討論、採決
○議長(河村忠治君) 日程第6、議案第3号 平成21年度厚真町一般会計補正予算を議題といたします。
本案について説明を求めます。
総務課参事。
○総務課参事(佐藤忠光君) (議案書及び資料により説明)
○議長(河村忠治君) 続いて補足説明を求めます。
最初に産業経済課参事。
○産業経済課参事(新飯田進君) (議案書及び資料により説明)
○議長(河村忠治君) 次に建設課長。
○建設課長(堀武志君) (議案書及び資料により説明)
○議長(河村忠治君) 次に生涯学習課長。
○生涯学習課長(佐藤好正君) (議案書及び資料により説明)
○議長(河村忠治君) 説明が終わりましたので、議案第3号に対する質疑を許します。
質疑ありませんか。
井上議員。
○井上次男君 地域活性化経済対策について、その中の防犯灯整備事業についてお伺いいたします。前回の地域活性化に引き続いて、今回2回目の地域活性化の交付により、今回35基の防犯灯整備をやられるようでありますが、このほかに厚真町にまだ残っている場所が、整備する場所が残っているのか、まず先にそれをお伺いいたします。
○議長(河村忠治君) 町民課長。
○町民課長(長谷川栄治君) 今回昨年に引き続き、昨年125灯、今回35灯実施いたしますが、これで今のところ昨年からの卵がついた状況とか、マイマイガが激しく寄ってきた街灯、これについてはある程度これで収めることができるかと思います。ただし、これは住宅密集地を中心にうちの方で考えておりますので、これが郊外に行きますとまだマイマイガがかなり四散しているところがございます。これらにつきましては住宅等がないということから、もし卵等が生み付けられた場合に卵の駆除ということを検討しております。
○議長(河村忠治君) 井上議員。
○井上次男君 あと何基ぐらい残っているか先にお聞きしたかったんですが。
○議長(河村忠治君) 町民課長。
○町民課長(長谷川栄治君) 何基かと申しますと、
○議長(河村忠治君) 井上議員。
○井上次男君 そうすると一番住宅の密集しているところを今回は前回と含めてやられてということですが、去年と今年にかけて、結構マイマイガに対する町民の反応が強くて、やはり今回まだ地方活性化の消費割合がまだ53.65パーセントしかやっていないということ。やはり、その自治会とよく相談して、町の分がそっちの方に飛んでいくということないと思うんですが増える可能性が十二分あると思うんです。この活性化を利用して、集中した整備事業をやるべきじゃないかと思いますがいかがでしょうか。
○議長(河村忠治君) 町民課長。
○町民課長(長谷川栄治君) 今回、今すでに防犯灯消灯している部分がございます。これにつきましては昨年度からマイマイガが非常に発生が多かったところで、ナトリウム灯に交換しなかったところと、あと町民から苦情があったところ等を消灯しておりますが、これにつきましても自治会のほうに今後更にひどいところとか要望箇所があれば、今後検討していきたいと考えております。
○議長(河村忠治君) ほかに。
米田議員。
○米田俊之君 今回の地域活性化経済対策は53.65パーセントでありますが、一応この8事業に絞った根拠とその理由、それから残った部分についていくつの事業があってどう検討されているのか、まずその点をお伺いしたいと思います。
○議長(河村忠治君) 総務課参事。
○総務課参事(佐藤忠光君) 今回の地域活性化の経済危機対策臨時交付金事業につきましては、先ほども内示額としまして1億5千いくらということでご説明申し上げたところでございます。これにつきまして各課の中でこの事業に対する、いろいろな行おうとする事業についてそれぞれ事業を出していただいて協議をし、先に出来るものは早めにしなければならないということがございます。もちろん雇用対策も含めて地域経済活性化のための交付金でございますので、そういったことから今回7月の臨時議会に間に合うというものとして8つの項目の事業、これはもちろんいろいろな事業のなかで進められるものは早く進めて行おうということでございます。
なにもかにもということではございませんけども、そういうようなことで選考し今回ご提案を申し上げたというのがこの8事業でございます。残る事業につきましては、もうすでに計画は立ててございますけども、まだいろいろと精査しなければならない部分もございますので、今回はご提案をさせていただいていないというようなところでございます。
○議長(河村忠治君) 米田議員。
○米田俊之君 検討されているのはだいたい何事業くらいあって、それから5番目の河川整備事業ですけども、この雇用創出という部分では、どの位の雇用を考えているのか。
○議長(河村忠治君) まちづくり推進課長。
○まちづくり推進課課長(小松豊直君) 今計画しております本数は17カ所予定しております。ただこの中に今申し上げましたとおり、別の補助事業をまだ申請しておりまして、それが採択できるものも待っております。これらがなりますと、無くなるもの、これから外れるもの等が、これからちょっと整理してまいります。
この中には農業関係、住宅の改修関係、それらこれから詰めいていくものが含まれておりまして、総本数で今回の8箇所を含めまして17箇所を想定して、内容を詰めているところでございます。
○議長(河村忠治君) 建設課長。
○建設課長(堀武志君) 前回実施した段階では7,8人程度と、親水公園やったときにですね。箇所が2カ所くらいあるもんですから、10人以上くらいになろうかと思います。
○議長(河村忠治君) よろしいですか。
米田議員。
○米田俊之君 10人以上というような形ですけども、大体雇用に当てられる金額というのはどの位に考えているのか。そして、解雇されたというお話が結構耳に入ってきています。こういうような人達を雇用創出というような形の中で十分配慮されていくのかどうなのかお伺いします。
○建設課長(堀武志君) 前回もやりました親水公園、これは町内の業者と委託契約してその都度、期間的に雇用者をこちらで公募しまして、その中でどの位働けるのかいろいろ考えて人数等を決めてその上で業者に、当然現説というものがあるわけですから、一人どの位働けるのか、そういう関係を総合して会社に現説を行って決めていきたいと考えています。
○議長(河村忠治君) よろしいですか。
木戸議員。
○木戸嘉則君 今説明ありましたけども、木を刈って草を刈ってきれいになることは、町民の方もわかっていると思うんですけども、今この事業が一時的にするのかまた町民の方が見て1年2年(聞き取り不能)なってくるとまた雑草で見苦しくなるんですけども、またそれを継続して事業を継続するのかどうか、その辺の考え方をお伺いしたいのですが。
○議長(河村忠治君) 建設課長。
○建設課長(堀武志君) 今回、この地域活性化経済危機対策の交付金事業が今回出されて、町が管理でない河川、二級河川なんですけどもこれも道と協議いたしまして、今回乗せていただいたという状況なんですけども、今後この事業が継続されるかどうかまだ確定しておりませんので、市街化区域以外等については、農地水環境対策事業が23年まで実施されますのでそういう関係も含めて、道の河川環境整備対策事業とか町の管理河川の環境対策事業が今後予算計上されるようになれば、是非うちの方で率先して要求していきたいなと考えてございます。
○議長(河村忠治君) ほかに。
木本議員。
○木本清登君 小中学校のデジタルテレビの配備について、ちょっとお聞きいたします。もちろん信頼関係を担保としてでありますが、地場企業の活用というのは考えていますか。
○議長(河村忠治君) 生涯学習課長。
○生涯学習課長(佐藤好正君) デジタルテレビの購入につきまして、私ども現在町内の業者を中心に考えてございます。
○議長(河村忠治君) ほかに。
下司議員。
○下司義之君 説明書7ページ、厚真町生活応援商品券についてなんですが、一つは購入申込期間が示されていますが、この期間内に申し込み額が予定額に達しなかった場合この期間の延長を認めるのかどうかということと、もう一つは、同じ事なんですけども、売上予定額まで達しなかった場合町の補助金がどのように変更されるかということをお伺いしたい。
○議長(河村忠治君) 産業経済課参事。
○産業経済課参事(新飯田進君) まず1点目でございますが、申し込み額はこの期間内に限度額まで達成しなかったという場合につきましてはですね、基本的には期間を延長いたしまして、再度募集という形で極力限度額の申し込みになるまで、期間を繰り延べしていきたいと考えてございます。
それと補助金の関係の最終的に総額が販売額の額面まで達しなかったと言う場合の補助金の取り扱いについてはですね、あくまでも基本的には20%の割引に見合う補助金、それと事務費の補助金、それとダブルチャンスの補助金という形で区分をしておりますので、限度額まで達しなかったということになりますので、その分の例えば20%のプレミア分の補助金については変更いただくという対応になろうかと考えております。
○議長(河村忠治君) 下司議員。
○下司義之君 確認ですが、この補助金の内訳3つ書いてありますけども、限度額まで達しなかった場合は、事務費とダブルチャンスの経費については満額補助して、プレミアム分の補助金についてはその額に応じて減額するということでよろしいんでしょうか。
○議長(河村忠治君) 産業経済課参事。
○産業経済課参事(新飯田進君) 現段階ではそういう形で進めたいと考えております。
○議長(河村忠治君) 下司議員。
○下司義之君 議案の15ページですけども、学校管理費の図書のデータベース化事業なんですが、図書のデータベース化委託料となっていますが、この委託というのがどのようにされるのかお伺いしたいと思います。
○議長(河村忠治君) 生涯学習課参事。
○生涯学習課長(佐藤好正君) この図書のデータベース化につきましては、学校図書にバーコードラベルを貼るわけでございますけども、それには精通した業者を私どもが選びまして、かかるのはほとんど作業にかかる人件費となっています。
○議長(河村忠治君) 下司議員。
○下司義之君 こういう案件について、今回は委託ということなんですが、今後更新とかそういう事が出てきますが、そういったことを町内でできるような環境作りそういうような考えがあるのかどうかということをお伺いしたいです。
○議長(河村忠治君) 教育長。
○教育長(兵頭利彦君) 委託の作業の内容のことですけども、手作業の部分も相当出てくると思いますのでそれについては委託業者に極力町内雇用をしていただくように配慮していきたいと考えてございます。
○議長(河村忠治君) ほかに。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 以上で質疑を終わります。
次に、議案第3号に対する討論に入ります。
討論はありませんか。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(河村忠治君) 討論なしと認めます。
それでは、議案第3号について起立により採決いたします。
本案について原案のとおり賛成の議員は起立を求めます。
(起立全員)
○議長(河村忠治君) 起立全員であります。
したがって、議案第3号は原案のとおり可決されました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎閉会の宣告
○議長(河村忠治君) 以上をもって、本臨時会に付議された案件の審議がすべて終了いたしましたので、本日の会議を閉じます。
これをもって、平成21年第6回厚真町議会臨時会を閉会いたします。
(午前 10時35分)