――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  
   ◎臨時議長の紹介
○議会事務局長(佐藤忠美君) 皆さんおはようございます。本臨時会は一般選挙後初めての議会でございます。議長が選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定により、本日の出席議員の中で年長の議員が、臨時に議長の職務を行うことになっております。
  ここで、年長の今村議員をご紹介いたします。今村議員、議長席にご着席をお願いいたします。
                (午前 9時30分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎臨時議長あいさつ
○臨時議長(今村昭一君) ただいま年長ということで紹介されました今村でございます。規定によりまして議長選挙が終わるまでの間、臨時に議長の職務を行いますので、議員各位のご協力をよろしくお願いいたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎議員自己紹介
○臨時議長(今村昭一君) まず恒例によりまして、議員各位の自己紹介をお願いいたします。
  それでは、窓側より仮議席番号2番の井上議員から順次ご起立のうえ、簡潔に自己紹介をお願いいたします。
          (議員自己紹介)
  以上で議員の自己紹介を終わります。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎町長あいさつ
○臨時議長(今村昭一君) 初議会の開会に先立ちまして、町長よりごあいさつをお願いいたします。
○町長(宮坂尚市朗君) (当選のお祝い、町の現状と町の決意)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎説明員の紹介
○臨時議長(今村昭一君) 次に、本日出席しております説明員の紹介を、副町長よりお願いいたします。
  副町長。
○副町長(古川元三君) (町理事者、管理職職員の紹介)
                (午前 9時41分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎開会の宣告
○臨時議長(今村昭一君) これより、平成23年第1回臨時会を開会いたします。
                (午前 9時41分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎開議の宣告
○臨時議長(今村昭一君) 直ちに本日の会議を開きます。
                              (午前 9時41分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎議事日程の報告
○臨時議長(今村昭一君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎仮議席の指定
○臨時議長(今村昭一君) 日程第1、仮議席の指定を行います。
  仮議席の指定は、ただいま着席の議席を指定いたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎会議録署名議員の指名
○臨時議長(今村昭一君) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。
  会議録署名議員に三國議員、木本議員を指名いたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎選挙第1号の上程、選挙
○臨時議長(今村昭一君) 日程第3、選挙第1号 厚真町議会議長の選挙を行います。
  選挙は投票により行います。
  議場を閉鎖し、議場への出入りを禁じます。
  ただいまの出席議員数は11名であります。
  次に、立会人を指名いたします。
  議会会議規則第32条第2項の規定により、臨時議長において立会人に下司議員、木戸議員を指名いたします。
○臨時議長(今村昭一君) 投票用紙を配布いたします。
          (投票用紙配付)
○臨時議長(今村昭一君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
○臨時議長(今村昭一君) 配付漏れなしと認めます。
  続いて、投票箱を点検いたします。
          (投票箱の点検)
○臨時議長(今村昭一君) 異常なしと認めます。
  念のため申し上げますが、投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記  載のうえ、議会事務局長の点呼に従い、順次投票願います。
  点呼を命じます。
          (仮議席順に点呼、投票) 
○臨時議長(今村昭一君) 投票漏れはありませんか。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
○臨時議長(今村昭一君) 投票漏れなしと認めます。
  以上で、投票を終了いたします。
  開票を行いますので、下司議員、木戸議員の立会をお願いいたします。
          (開票)
○臨時議長(今村昭一君) 厚真町議会議長の選挙結果について報告いたします。
  投票総数は、11票であります。これは、出席議員数に符合いたしております。
  そのうち有効投票11票、無効0であります。有効投票のうち、渡部孝樹議員8票、今村昭一議員3票。
以上のとおりであります。
  この選挙の法定得票数は3票であります。
  したがって、渡部議員が議長に当選されました。
○臨時議長(今村昭一君) 議場の閉鎖を解きます。
  ただいま議長に当選されました渡部議員が議場におられますので、議会会議規則第33条第2項の規定により、当選の告知をいたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○臨時議長(今村昭一君) 当選されました渡部議長に、自席から就任のごあいさつをお願い  いたします。
○議長(渡部孝樹君) (議長就任のあいさつ)
○臨時議長(今村昭一君) これをもって、臨時議長の職務はすべて終了いたしました。
  議員各位のご協力に感謝申し上げ、渡部議長と交代いたします。
○臨時議長(今村昭一君) ここで休憩といたします。再開を午前10時10分といたします。
          (臨時議長と議長が交代) 
                                (午前9時53分) 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○議長(渡部孝樹君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
                                (午前10時10分) 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎会期の決定
○議長(渡部孝樹君) 日程第4、会期の決定を議題といたします。
  お諮りいたします。
  本臨時会の会期は本日1日限りといたしたいと思います。これについてご異議ありませ  んか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。
  したがって、そのように決定いたしました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎選挙第2号の上程、選挙
○議長(渡部孝樹君) 日程第5、選挙第2号 厚真町議会副議長の選挙を行います。
  選挙は投票により行います。
  議場を閉鎖し、議場への出入りを禁じます。
  ただいまの出席議員数は11名であります。
  次に、立会人を指名いたします。
  議会会議規則第32条第2項の規定により、議長において立会人に下司議員、木戸議員を指名いたします。
○議長(渡部孝樹君) 投票用紙を配布いたします。
          (投票用紙配付)
○議長(渡部孝樹君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 配付漏れなしと認めます。
  続いて、投票箱を点検いたします。
          (投票箱の点検)
○議長(渡部孝樹君) 異常なしと認めます。
  念のため申し上げますが、投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記  載のうえ、議会事務局長の点呼に従い、順次投票願います。
  点呼を命じます。
          (仮議席順に点呼、投票) 
○議長(渡部孝樹君) 投票漏れはありませんか。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 投票漏れなしと認めます。
  以上で、投票を終了いたします。
  開票を行いますので、下司議員、木戸議員の立会をお願いいたします。
          (開票)
○議長(渡部孝樹君) 厚真町議会副議長の選挙結果について報告いたします。
  投票総数は、11票であります。これは、出席議員数に符合いたしております。
  そのうち有効投票11票であります。有効投票のうち、三國和江議員7票、海沼裕作議員3票、井上次男議員1票。
以上のとおりであります。
  この選挙の法定得票数は3票であります。
  したがって、三國議員が副議長に当選されました。
○議長(渡部孝樹君) 議場の閉鎖を解きます。
  ただいま副議長に当選されました三國議員が議場におられますので、議会会議規則第33
 条第2項の規定により、当選の告知をいたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○議長(渡部孝樹君) 当選されました三國副議長に、自席から就任のごあいさつをお願いい
 いたします。
○副議長(三國和江君) (副議長就任のあいさつ)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎議席の指定
○議長(渡部孝樹君) 日程第6 議席の指定を行います。
  議席については、議会の運営に関する基準により、議長は11番、副議長は10番となっております。また、正副議長以外の議員の議席は、同基準の運用により、当選回数の少ない順で、かつ、年齢の若い順に、議会会議規則第四条第一項の規定により、議長において指定をいたします。
議席の番号と議員の氏名を局長に朗読させます。
○議会事務局長(佐藤忠美君) それでは、議席番号と議員名を申し上げます。私から向かって右側、窓側席より
 1番 了安正秋議員、2番 吉岡茂樹議員、3番 大捕孝吉議員、4番 木戸嘉則議員、
5番 下司義之議員、6番 木本清登議員、7番 井上次男議員、8番 今村昭一議員、
9番 海沼裕作議員、10番 三國和江副議長、11番 渡部孝樹議長。
  以上でございます。
○議長(渡部孝樹君) ただいま局長が朗読したとおり、議席を指定いたします。
○議長(渡部孝樹君) ここで休憩いたします。再開は午前10時40分といたします。
  休憩中に議席の移動をお願いいたします。
                                (午前10時22分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○議長(渡部孝樹君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
                                (午前10時41分) 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎常任委員の選任
○議長(渡部孝樹君) 日程第7、常任委員の選任を行います。
  常任委員会の名称及び委員定数は、総務文教常任委員会、委員定数6人、産業建設常任委
員会、委員定数5人の2委員会であります。
 お諮りいたします。
  常任委員の選任については、選考委員により選考し、委員会条例第5条第1項の規定により、議長において指名いたしたいと思います。
  これについてご異議ありませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。
  したがって、そのように決定いたしました。
  次にお諮りいたします。
  選考委員は5人とし、議長が指名することにご異議ありませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。
  したがって、そのように決定いたしました。
  それでは、選考委員の指名を行います。
  木戸議員、下司議員、木本議員、と副議長と議長の5人で指名を行います。
  それではここで10時55分まで、休憩をいたします。。
                                (午前10時42分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○議長(渡部孝樹君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
                                (午前11時12分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○議長(渡部孝樹君) 選考委員を代表して副議長に選考結果の報告を求めます。
  三國副議長。
○副議長(三國和江君) 常任委員会委員の選考結果を報告いたします。
  まず、総務文教常任委員会6名、海沼議員、今村議員、井上議員、渡部議員、三國議員、了安議員。 
  次に産業建設常任委員会5名、吉岡議員、大捕議員、木戸議員、下司議員、木本議員、
  以上でございます。
○議長(渡部孝樹君) 常任委員の選任については、ただいまの報告のとおり指名いたしたい
 と思います。
  これについてご異議ありませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。
  したがって、そのように決定いたしました。
  ここで、休憩をいたします。再開は午前11時35分といたします。
  休憩中にそれぞれ常任委員会を開催し、委員長及び副委員長の互選をお願いいたします。
                                (午前11時14分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○議長(渡部孝樹君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
                                (午前11時39分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○議長(渡部孝樹君) 休憩中に開催されたそれぞれの常任委員会において、委員長及び副委
 員長の互選が行われましたので、その結果を局長より報告いたします。
○議会事務局長(佐藤忠美君) 各常任委員会の委員長及び副委員長の互選の結果を報告いたします。まず、総務文教常任委員会、委員長 今村昭一委員、副委員長 了安正秋委員。産業建設常任委員会、委員長 木戸嘉則委員、副委員長 吉岡茂樹委員。
  以上でございます。
○議長(渡部孝樹君) 局長の報告をもって、互選の結果報告といたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎常任委員の辞任
○議長(渡部孝樹君) 日程第8、常任委員の辞任を議題といたします。
  これより、地方自治法第117条の規定による除斥のため、議長の職務を副議長にお願いをいたします。
          (議長退場)
○副議長(三國和江君) ただいま総務文教常任委員に選任された議長から、常任委員を辞任
 したい旨の申し出があります。
  議長は地方自治法第105条の規定によりその職務上、いずれの委員会にも出席して発言することが許されております。また、その職務の公正・中立性を考慮するとき、1つの委員会に委員として所属することは適当でないことから、議長については常任委員の辞任が認められております。
  お諮りいたします。
  議長の常任委員の辞任について、申し出のとおり同意することにご異議ありませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○副議長(三國和江君) 異議なしと認めます。
  したがって、そのように決定いたしました。
  議長の入場を許可し、議長と交代いたします。
  ここで、暫時休憩といたします。
                                (午前11時42分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○議長(渡部孝樹君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
                                (午前11時43分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎議会運営委員の選任
○議長(渡部孝樹君) 日程第9、議会運営委員の選任を行います。
  議会運営委員会の委員の定数は、5人であります。
 お諮りいたします。
  議会運営委員の選任については、選考委員により選考し、委員会条例第5条第1項の規定により、議長において指名いたしたいと思います。
  これについてご異議ありませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。
  したがって、そのように決定いたしました。
  次にお諮りいたします。
  選考委員は5人とし、議長が指名することにご異議ありませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。
  したがって、そのように決定いたしました。
  それでは、選考委員の指名を行います。
  木戸議員、下司議員、木本議員、そして副議長と議長の5人を指名いたします。
  ここで、暫時休憩いたします。
  休憩中に選考委員会を開催し、議会運営委員の選考をお願いいたします。議長室において選考委員会を開催いたします。
                                (午前11時44分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○議長(渡部孝樹君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
                                (午前11時46分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○議長(渡部孝樹君) 選考委員を代表して副議長に選考結果の報告を求めます。
  副議長。
○副議長(三國和江) 議会運営委員会委員5名を発表いたします。
  渡部議員、今村議員、井上議員、木戸議員、木本議員、三國議員。
  以上でございます。
○議長(渡部孝樹君) 議会運営委員の選任については、ただいまの報告のとおり指名いたしたいと思います。
  これについてご異議ありませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。
  したがって、そのように決定いたしました。
  ここで、午後1時まで休憩といたします。
  休憩中に議会運営委員会を開催し、委員長及び副委員長の互選をお願いいたします。
                                (午前11時48分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○議長(渡部孝樹君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
                                (午後1時00分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○議長(渡部孝樹君) 休憩中に開催された議会運営委員会において、委員長及び副委
 員長の互選が行われましたので、その結果を局長より報告させます。
○議会事務局長(佐藤忠美) 議会運営委員会の委員長及び副委員長の互選の結果について報告いたします。
  委員長に木本清登委員、副委員長に井上次男委員。
  以上でございます。
○議長(渡部孝樹君) 局長の報告をもって、互選の結果報告といたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎特別委員会の設置
○議長(渡部孝樹君) 日程第10、特別委員会の設置を議題といたします。
  内容について局長より説明させます。
○議会事務局長(佐藤忠美君) (議案書により説明)
○議長(渡部孝樹君) それでは、特別委員会の設置についてお諮りいたします。
  当議会に6人の委員で構成する議会広報特別委員会を設置し、閉会中も継続して調査できること。また、この特別委員会を議会において調査終了の議決があるまで継続して設置することについて、ご異議ありませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。
  したがって、そのように決定いたしました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎特別委員の選任
○議長(渡部孝樹君) 日程第11、特別委員の選任を行います。
  お諮りいたします。
  ただいま設置されました特別委員会の委員の選任については、選考委員により選考し、委員会条例第5条第1項の規定により、議長において指名することにいたしたいと思います。
  これについてご異議ありませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。
  したがって、そのように決定いたしました。
  次にお諮りいたします。
  選考委員は5人とし、議長が指名することにご異議ありませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。
  したがって、そのように決定いたしました。
  それでは、選考委員を指名いたします。
  木戸議員、下司議員、木本議員と、副議長と議長の5人を指名いたします。
  ここで、暫時休憩をいたします。
  休憩中に選考委員会を開催し、特別委員の選考をお願いいたします。
                                (午後1時03分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○議長(渡部孝樹君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
                                (午後 1時05分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○議長(渡部孝樹君) 選考委員を代表して副議長に選考結果の報告を求めます。
  副議長。
○副議長(三國和江) 議会広報特別委員会委員の6名を発表いたします。
  井上議員、大捕議員、木本議員、下司議員、吉岡議員、了安議員。
  以上であります。
○議長(渡部孝樹君) 特別委員の選任については、ただいまの報告のとおり指名いたしたい
 と思います。
  これについてご異議ありませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。
  したがって、そのように決定いたしました。
  ここで、暫時休憩をいたします。
  休憩中に特別委員会を開催し、委員長及び副委員長の互選をお願いいたします。 
                                (午後 1時06分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○議長(渡部孝樹君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
                                (午後 1時12分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○議長(渡部孝樹君) 休憩中に開催された特別委員会において、委員長及び副委員長の互選が行われましたので、その結果を局長より報告させます。
○議会事務局長(佐藤忠美君) 議会広報特別委員会の委員長及び副委員長の互選の結果を報告いたします。
  委員長に井上委員、副委員長に大捕委員。
  以上でございます。
○議長(渡部孝樹君) 局長の報告をもって、互選の結果報告といたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎選挙第3号の上程、選挙
○議長(渡部孝樹君) 日程第12、選挙第3号 胆振東部消防組合議会議員の選挙を行います。当該組合議会議員の選挙は2人であります。
  お諮りいたします。  
  選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選で行いたいと思います。
  これについてご異議ありませんか。 
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。
  したがって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定いたしました。
  次にお諮りいたします。
  指名の方法は議長において指名することにいたしたいと思います。
  これについてご異議ありませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。
  したがって、そのように決定いたしました。
  それでは、海沼裕作議員、大捕孝吉議員を指名いたします。
  お諮りいたします。
  ただいま指名いたしました両議員を、当組合議会議員の当選人とすることにご異議あり
 ませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。
  したがって、海沼裕作議員、大捕孝吉議員が胆振東部消防組合議会議員に当選されました。
○議長(渡部孝樹君) ただいま当選されました両議員が議場におられますので、議会会議規則第33条第2項の規定により告知いたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎選挙第4号の上程、選挙
○議長(渡部孝樹君) 日程第13、選挙第4号 安平・厚真行政事務組合議会議員の選挙を行います。当該組合議会議員の選挙は2人であります。
  お諮りいたします。  
  選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選で行いたいと思います。
  これについてご異議ありませんか。 
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。
  したがって、そのように決定いたしました。
  次にお諮りいたします。
  指名の方法は議長において指名することにいたしたいと思います。
  これについてご異議ありませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。
  したがって、そのように決定いたしました。
  それでは、木本清登議員、下司義之議員を指名いたします。
  お諮りいたします。
  ただいま指名いたしました両議員を、当組合議会議員の当選人とすることにご異議あり
 ませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。
  したがって、木本清登議員、下司義之議員が安平・厚真行政事務組合議会議員に当選されました。
○議長(渡部孝樹君) ただいま当選されました両議員が議場におられますので、議会会議規則第33条第2項の規定により告知いたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎選挙第5号の上程、選挙
○議長(渡部孝樹君) 日程第14、選挙第5号 胆振東部日高西部衛生組合議会議員の選挙を行います。当該組合議会議員は2人であります。
  お諮りいたします。  
  選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選で行いたいと思います。
  これについてご異議ありませんか。 
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。
  したがって、そのように決定いたしました。
  次にお諮りいたします。
  指名の方法は議長において指名することにいたしたいと思います。
  これについてご異議ありませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。
  したがって、そのように決定いたしました。
  それでは、吉岡茂樹議員、了安正秋議員を指名いたします。
  お諮りいたします。
  ただいま指名いたしました両議員を、当組合議会議員の当選人とすることにご異議あり
 ませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。
  したがって、吉岡茂樹議員、了安正秋議員が胆振東部日高西部衛生組合議会議員に当選されました。
○議長(渡部孝樹君) ただいま当選されました両議員が議場におられますので、議会会議規則第33条第2項の規定により告知いたします。
ここで午後1時30分まで、休憩といたします。
                                (午後 1時17分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○議長(渡部孝樹君) 休憩前に引き続き議会を開きます。      
                                (午後 1時30分) 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   
   ◎提案理由の説明
○議長(渡部孝樹君) 日程第15、提案理由の説明を求めます。
  町長。
○町長(宮坂尚市朗君) 本日ご提案申し上げております案件は、同意1件、議案2件であります。
同意第1号 厚真町監査委員の選任について。厚真町監査委員に下司義之氏を選任することについて、町議会の同意をいただこうとするものであります。
議案第1号 平成23年3月11日、東北地方太平洋沖地震、それに伴って発生した大津波により経験したことのない大津波が東北関東地方太平洋沿岸を襲いました。そのため多くの方が今もなお避難生活を余儀なくされている状況であります。この大震災で被災された方への支援策として、被災者が本町で生活されることになったときに、町の使用料等の免除等を実施するため、関係する諸条例の一部を改正する条例を制定しようとするものであります。
議案第2号、平成23年度厚真町一般会計補正予算について。今回の補正は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ17,800千円を追加し、歳入歳出予算の総額を5,339,800千円とするものであります。歳出における補正の内容は、東日本大震災の災害復旧及び被災者に対する支援を行おうとするものであります。補正の主な内容については、総務費では、東日本大震災見舞金の追加。消防費では、東日本大震災の被災地支援のための職員派遣に係る経費及び被災者の避難住宅の改修費及び被災者の生活支援費などの追加。災害復旧費では、水産業施設災害復旧費の追加であります。
この補正の財源として、前年度決算剰余金の一般財源で17,800千円と見積もり、収支のバランスをとったところであります。
以上が、本日ご提案申し上げております議案の提案理由であります。よろしくご審議のうえ、ご決定賜りますようお願い申し上げます。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎同意第1号の上程、説明、質疑、採決
○議長(渡部孝樹君) 日程第16、同意第1号 厚真町監査委員の選任を議題といたします。
 議員は、地方自治法第117条の規定により除斥の対象となりますので、退場を求めます。
          (下司議員退場)
○議長(渡部孝樹君) 本案について説明を求めます。
  副町長。
○副町長(古川元三君) 臨時会議案の別冊2の1ページをお開きください。
  同意第1号 厚真町監査委員の選任についてご説明を申し上げます。
  厚真町議会議員のうちから選任する監査委員として、議案書の2ページに記載してございます厚真町字豊沢の、下司義之氏を選任いたしたく、議会の同意をいただこうとするものでございます。よろしくご同意を賜りますようお願い申し上げまして、説明を終わります。
○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、これより同意第1号に対する質疑を許しま
す。
 質疑ありませんか。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 質疑なしと認めます。
  本案については討論を省略して採決いたします。
  同意第1号について原案のとおり同意することにご異議ありませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。
  したがって、同意第1号は原案のとおり同意することに決定いたしました。
  除斥となっております議員の入場を許可します。
          (木村議員入場)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決
○議長(渡部孝樹君) 日程第17、議案第1号 東日本大震災の被災者に対する使用料等の特例措置に関する条例の制定を議題といたします。
  本案について説明を求めます。
  総務課長。
○総務課長(近藤泰行君) (議案書及び資料により説明)
○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、これより議案第1号に対する質疑を許します。
 質疑ありませんか。
 木本議員。
○木本清登君 条例の改正については反対するものではないのですが、町の新たな支援策について、今回の支援対策でうちの場合閉校した小学校などの跡地利用として町の計画を一部、もし何かあるのでしたら一時停止してでも被災地の中での中小製造業などの企業向けに提供することなど考えられなかったか。
○議長(渡部孝樹君) 総務課長。
○総務課長(近藤泰行君) 議員ご質問の、本町には閉校跡地、最近出ました二つの比較的新しい学校がございます。これにつきましても中小企業或いは教育施設として検討はいたしているところでございますけども、具体的に学校だけあっても住宅がセットでなければならないとか色々条件がございまして、ただ、そのような被災地側からの要請があればその時に改めて検討したいというふうには思っております。ただ、今具体的にそのようなこともございませんし、校舎だけを今すぐPRして提供しようというところにまで至っておりませんけども、考えとしてはそのようなことも検討の中に入れて進めているということでございます。
○議長(渡部孝樹君) 井上議員。
○井上次男君 住宅の入居のからみで、説明資料18ページの最後の1番と2番に上厚真C団地のCとDの4戸の指定はありますが、最後の向陽団地も一応図面に載っているのですが、文言が何も無いようですが、これはどうなっているのか。
○議長(渡部孝樹君) 総務課長。
○総務課長(近藤泰行君) 向陽団地の4戸を提供する予定でございます。一部1戸につきましても既に入居されているところでございます。今回は町有住宅の条例ではなく、別な規則のほうの改正でそちらの方は対応しているということでございます。今回条例に関係するところだけを提案したということでございます。
○議長(渡部孝樹君) ほかに。
         (発言する者なし)
○議長(渡部孝樹君) 以上で質疑を終わります。
  次に、議案第1号に対する討論に入ります。
  討論ありませんか。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。
  それでは、議案第1号について起立により採決いたします。
  本案について原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
          (起立全員)
○議長(渡部孝樹君) はい、起立全員であります。
  したがって、議案第1号は原案のとおり可決されました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎議案第2号の上程、説明、質疑、討論、採決
○議長(渡部孝樹君) 日程第18、議案第2号 平成23年度厚真町一般会計補正予算を議題といたします。
  本案について説明を求めます。
  総務課参事。
○総務課参事(橋本欣哉君) (議案書により説明)
○議長(渡部孝樹君) 続いて、補足説明を求めます。
  最初に、まちづくり推進課参事。
○まちづくり推進課参事(岩田善行君) (説明資料により説明)
○議長(渡部孝樹君) 次に、産業経済課参事。
○産業経済課参事(遠藤秀明君) (説明資料により説明)
○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、これより議案第2号に対する質疑を許します。
 質疑ありませんか。
 下司議員。
○下司義之君 今回の大震災に対する支援策について、今回補正予算が提案されていますが、一時的に厚真町に縁のある方が帰省されたり、親戚の家に帰ってくるとか、そういうその短期的な避難といいますか、そういうこともあるようですし、それから長期的に移り住んでいるという方も結構いらっしゃるようなんですが、短期的に帰って厚真町に来られた方は別として、長期的に厚真に移住されてきている方というのは実際どの位居るんでしょうか。そういったことはデータとしてはつかんでいるのかどうかお伺いしたい。
○議長(渡部孝樹君) まちづくり推進課参事。
○まちづくり推進課参事(岩田善行君) 先ほどご説明申し上げましたが、向陽団地4棟いま被災者住宅としてご提供させていただいておりますが、その内1戸1世帯ご夫婦2名が4月の中旬からそこを修繕した場所に住まわれております。年齢が70歳前後の方々でして、福島県いわき市の方からこちらの方に来られております。最初は親戚を頼って来られました。住宅を何とかということで、私どものほうでご提供させていただいております。その方々については永住したいということで1世帯ございます。更に私ども直接コンタクトは取ってございませんが親戚の方のところに身を寄せておられます方が1世帯ということは把握してございます。
○議長(渡部孝樹君) 木本議員。
○木本清登君 10ページの寄付金についてなんですけど、別に寄付金に反対する訳ではないんですが、今回厚真町の寄付金2,000千円について町としては諸条件を加味しながら熟慮した数字だとは思われますが、どの様な思いで寄付金の数字の根拠を出したのか、根拠を教えてください。
○議長(渡部孝樹君) 総務課長。
○総務課長(近藤泰行君) 今回の寄付金、義援金の件でございます。義捐金につきましては今町民の方々も含めて町と社会福祉協議会で寄付を義援金を募っておりますが、これにつきましては4月の連休前、28日現在で約6,400千円程の額に上っております。今回本町で予算計上させていただいた2,000千円でございますが、これは町として寄付させていただくということでございますけども、全道町村会で1億5千万、これは既に積み立てをいたしているところから取り崩して被災県に対し寄付をするということで同意を得ております。それ以外の部分について各町それぞれ自主的に寄付・義援金を出される方はそれぞれ寄付してくださいということでございます。で、近隣町を実は参考にさせていただきました。参考に申し上げますと隣接でございますむかわ町は日赤に対して3,000千円、安平町につきましては宮城県の山元町と交流があるということで県の方に3,000千円、山元町に1,000千円、白老町におきましては仙台市と姉妹交流をいたしておりますので、仙台市に5,000千円、石巻市に2,000千円、洞爺湖町は特に交流は無いんですが有珠山噴火のときに支援を頂いたということで3,000千円、壮瞥町につきましては2,000千円を近くの議会で提案をするという予定でございます。それから室蘭市につきましては東北市長会に20,000千円、伊達市につきましては、やはり姉妹都市交流等で交流しております四町に対しまして18,000千円、それと本町も岩手県奥州市、奥州市も若干の地震の被害が出ておりますので、これらを参考とするために長沼町がやはり奥州市と姉妹都市交流を結んでおります。長沼町の方では奥州市に1,000千円、それと福島県須賀川士に1,000千円、合わせて2,000千円を町として寄付する。このような数字を参考に本町としては2,000千円が妥当だろうということで計上させていただいたということでございます。
○議長(渡部孝樹君) 他に。
 木戸議員。
○木戸嘉則君 説明資料の19ページなんですが、生活用品に関する支援てありまして、町民からの募集中とあるんですが、今現在町民の方々から詳しくはなくてもいいんですがどういう物が集まっているのかご説明していただきたいと思います。
○議長(渡部孝樹君) まちづくり推進課参事。
○まちづくり推進課参事(岩田善行君) 現在まで6名の方から寄せられてございます。読み上げます。タンス・布製ソファー・勉強机・テレビ代、これが1名の方、パーソナルオーディオシステム・ハイドロゲンヒーター・ホットカーペット・オーブントースター・炊飯器・家具調こたつ、これが1名の方、ガステーブル、これが1名の方、電気掃除機・電気炊飯器・電気ポット・ガスコンロ・食器、これが1名の方、学習机椅子セット、これが1名の方、電気ポット、これが1名の方、合計6名の方からご協力いただいてございます。
○議長(渡部孝樹君) 他に。
 下司議員。
○下司義之君 災害対策費の職員の旅費が計上されているんですが、職員の派遣状況を説明いただきたいんですが。
○議長(渡部孝樹君) 総務課長。
○総務課長(近藤泰行君) 4月の先月の1日から派遣が始まりまして、おおむね8日間、9日間の日程でございますが1名づつ4月の27日まで計4名の職員を派遣を致しているところでございます。大体9日間から11日間ということでございます。これにつきましては予算計上は勿論されておりませんでしたので予備費から支出をさせていただいております。今後の予定でありますけども、5月以降につきましては、あ、最初に4月までの派遣につきましては胆振総合振興局が音頭をとりまして伊達市それと白老町が交流しております仙台市若林区、それと宮城県の山元町という2ヶ所に職員を派遣いたしておりますが、総合振興局の職員はじめ管内の市町の職員を各町から1名づつ1チーム4名から8名くらいの人数で今までこの4回、本町が参加した分につきましては4回派遣しているということでございます。今後の予定でありますが、5月この連休以降今度は胆振単独ではなく全国町村会の方で被災地県の方からの要請に基づいて向こうの希望する人材を派遣しようということで、各被災県から派遣要請がございました673名に対しまして全国の市町村から2,600名の派遣の申出をいただいておりまして、その内総務省の方で割り振りをしたところ528名がもう既に決定したということでございます。現在被災県の方から要請がございますのは比較的派遣期間が長くて、6カ月から最大2年程度の派遣を要請されているというのが実情でございます。ただ本町の場合は1年とか2年の長期派遣というのは中々難しいということもございまして、1ヵ月とか2ヵ月程度の短期派遣を繰り返して行きたいという希望を全国町村会の方に出しているところでございまして、今すぐ今回の5月に決まるかどうかというのはちょっと不明でございますが、今後長い期間の派遣要請、派遣職員が必要という状況でございますので、とりあえずこの800千円、大体1週間で8回程度、延べで言えば2ヵ月程度の一応予算を計上させていただきたいということでございます。今後被災県からの新たな要請等があれば、また改めてご提案を申し上げたいということでございます。
○議長(渡部孝樹君) 他に。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 以上で質疑を終わります。
  次に、議案第2号に対する討論に入ります。
  討論ありませんか。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。
  それでは、議案第2号について起立により採決いたします。
  本案について原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
          (起立全員)
○議長(渡部孝樹君) はい、起立全員であります。
  したがって、議案第2号は原案のとおり可決されました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   ◎所管事務調査の申し出
○議長(渡部孝樹君) 日程第19 所管事務調査の申し出を議題といたします。
 申し出の内容を局長に説明させます。
○議会事務局長(佐藤忠美君) 所管事務調査の申し出内容について説明いたします。
  議会運営委員会から事務調査として、次期議会の会期日程等議会運営に関する事項について、議長の諮問に関する事項についての2件でございます。
  以上でございます。
○議長(渡部孝樹君) ただいまの説明内容のとおり、閉会中の委員会開催についてご異議ありませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。
  したがって、閉会中の委員会開催については、申し出のとおり決定いたしました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   
◎閉会の宣告
○議長(渡部孝樹君) 以上をもって、本臨時会に付議された案件の審議がすべて終了いたしましたので、本日の会議を閉じます。
 これをもって、平成23年第1回厚真町議会臨時会を閉会いたします
                               (午後 2時20分)