――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎開会の宣告
○議長(渡部孝樹君) ただいまから、平成23年第2回厚真町議会臨時会を開会いたします。
(午前 9時30分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎開議の宣告
○議長(渡部孝樹君) 直ちに本日の会議を開きます。
(午前 9時30分)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎議事日程の報告
○議長(渡部孝樹君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎会議録署名議員の指名 
○議長(渡部孝樹君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
会議録署名議員に下司議員、木本議員を指名いたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎会期の決定
○議長(渡部孝樹君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
お諮りいたします。
本臨時会の会期は本日1日限りといたしたいと思います。これについてご異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。
したがって、そのように決定いたしました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎諸般の報告
○議長(渡部孝樹君) 諸般の報告を行います。
議会閉会中における動向については、お手元に配付のとおりであります。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎推薦第1号の上程、説明、採決
○議長(渡部孝樹君) 日程第3、推薦第1号 厚真町農業委員会委員の推薦を議題といたします。
議案を局長に朗読させます。
(議案朗読)
○議長(渡部孝樹君) ただいま議題となりました推薦第1号は、厚真町農業委員会委員の任期満了に伴い、議会から2人の委員の推薦を行うものであります。推薦の方法につきましては、去る5月9日の議員協議会において、5人の選考委員により候補者を選考し、議会にお諮りすることに決定しております。
それでは選考委員を代表し副委員長より選考の経過及びその結果について報告を求めます。
  三國議員。
○三國和江君 本日、選考委員長の木戸議員が欠席しておりますので、副委員長であります私の方から、ただいま議案となりました推薦第1号について、選考委員会の選考の経過とその結果について報告をいたします。
去る5月9日に開催されました議員協議会におきまして、5人の選考委員が指名され、その後6月1日から7月1日までの間、数回にわたり委員会を開催し、協議を重ねてまいりました。選考にあたっては、農業委員会の所管事項について豊富な識見を有する方であるということを前提に、性別や地域性などを考慮し、慎重に選考いたしたところであります。その結果、厚真町字富里121番地、荒井文明さん、同じく字富野350番地、中島広幸さん、生年月日及び年齢につきましては、本日配付した資料のとおりであります。
以上の2人の方を議会から推薦する農業委員として選考いたしましたので、議員各位のご賛同を賜りますようお願い申し上げ報告といたします。以上であります。
○議長(渡部孝樹君) お諮りいたします。
ただいま選考委員の副委員長より報告のあったとおり、議会推薦の農業委員会委員として、富里の荒井文明さん、富野の中島広幸さん、以上の二人の方を推薦したいと思います。
これについてご異議ありませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。
したがって、議会推薦の農業委員としてただいまの2人の方を推薦することに決定いたしました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎提案理由の説明
○議長(渡部孝樹君) 日程第4、提案理由の説明を求めます。
町長。
○町長(宮坂尚市朗君) 本日ご提案申し上げます案件は、議案3件であります。
議案第1号 厚真町スポーツセンター改修工事請負契約の締結について
本件について、6月29日に指名競争入札を実施した結果、矢部・山崎経常建設共同企業体と契約を締結することについて、厚真町議会の議決に付すべき契約等に関する条例に基づき議決をいただこうとするものであります。
議案第2号 厚真町スポーツセンター耐震改修工事請負契約の締結について
本件について、6月29日に指名競争入札を実施した結果、矢部・山崎経常建設共同企業体と契約を締結することについて、厚真町議会の議決に付すべき契約等に関する条例に基づき議決をいただこうとするものであります。
議案第3号 平成23年度厚真町一般会計補正予算について
今回の補正は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億9,239万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を55億7,607万2,000円とするものであります。
歳出における補正の内容は、児童福祉において認定子ども園整備事業費の追加。消防費において東日本大震災支援事業費の追加であります。
この補正の財源として、地域振興基金繰入金等の特定財源で1億6,000万円、前年度決算剰余金の一般財源で3,239万6,000円と見積もり、収支のバランスをとったところであります。
以上が、本日ご提案申し上げております議案の提案理由であります。
よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎議案第1号及び議案第2号の上程、説明、質疑、討論、採決
○議長(渡部孝樹君) 日程第5、議案第1号 厚真町スポーツセンター改修工事請負契約の締結 及び 議案第2号 厚真町スポーツセンター耐震改修工事請負契約の締結を一括して議題といたします。
本案について説明を求めます。
総務課参事。
○総務参事(橋本欣也君) (議案書及び資料により説明)
○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、議案第1号及び議案第2号に対する質疑を許します。
質疑ありませんか。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 質疑なしと認めます。
次に、議案第1号に対する討論に入ります。
討論はありませんか。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。
それでは、議案第1号について起立により採決いたします。
本案について原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
(起立全員)
○議長(渡部孝樹君) 起立全員であります。
したがって、議案第1号は原案のとおり可決されました。
次に、議案第2号に対する討論に入ります。
討論はありませんか。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。
それでは、議案第2号について起立により採決いたします。
本案について原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
(起立全員)
○議長(渡部孝樹君) 起立全員であります。
したがって、議案第2号は原案のとおり可決されました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎議案第3号の上程、説明、質疑、討論、採決
○議長(渡部孝樹君) 日程第6、議案第3号 平成23年度厚真町一般会計補正予算を議題といたします。
本案について説明を求めます。
総務課参事。
○総務課参事(橋本欣哉君) (議案書及び資料により説明)
○議長(渡部孝樹君) 次に、補足説明を求めます。最初に町民福祉課長。
○町民福祉課長(高田芳和君) (議案書及び資料により説明)
○議長(渡部孝樹君) 次に、まちづくり推進課長。
○まちづくり推進課長(小松豊直君) (議案書及び資料により説明)
○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、議案第3号に対する質疑を許します。
質疑はありませんか。
下司議員。
○下司義之君 京町保育園増築工事についてお伺いいたします。説明資料の4ページですけども、今回の増築工事に伴って給食の搬入経路が確保されるわけですけども、京町保育園用地のかなり広い面積をこの給食搬入経路で削られるということと、それから駐車場用地がこの用地内に確保されていて、更に園庭が狭くなるということになっているわけですけども、まず一つは、この駐車場を使う方はどういう方が使うのかということと、もう一つはこの駐車場用地をその上の町道福祉センター通りという文字がありますけども、そこと京町公園園路との間に若干の用地があるわけですが、ここの所に設置をするという検討がされたかどうか。それともう一つは、給食搬入車両の経路について、グランドのほうからのアプローチを検討されたかどうか、この2点をお伺いしたいと思います。
○議長(渡部孝樹君) 町民福祉課長。
○町民福祉課長(高田芳和君) 今の質問でございますが、ここの駐車場の利用者は主に子育て支援センターを利用される方にお使いいただこうということでございます。それと駐車場を町道福祉センター通り線と今の駐車場の間に持ってこれないかということですが、まず一点目にL字カーブの所に駐車場を設置するということであれば車の出入りの関係で安全性に欠けるということが一点。それとここの駐車場を設定したのは、子育て支援センターを利用する対象者の方につきましては、乳児を連れてきての利用になります。それで現状で児童会館と保育所前のフェンス前に車を駐車して子育て支援センターを利用してるんですが、小さいお子さんを連れてくるという観点で、より利用しやすい場所ということで前のほうに駐車場を持ってきたということでございます。それとグランド側からの給食車の搬入路についての検討ですけども、これにつきましてはコンサルタント会社のほうに車両の軌跡上で計算していただきまして、ちょっと軌跡上無理があるということと、大きく公園内を占有してしまうということで原案の搬入経路としたわけでございます。以上でございます。
○議長(渡部孝樹君) 他にありませんか。木本議員。
○木本清登君 今の京町保育園の12ページの工事請負費の保育園増築1億8千何々という、これ俗にいう規模単価から見ると異常な誤解が与えるという可能性があるので、できれば工種別の内容を説明できますか。
○議長(渡部孝樹君) 町民福祉課長。
○町民福祉課長(高田芳和君) 建設工事で1億1,984万7,000円、電気設備工事で2,261万7,000円、機械設備工事で2,333万1,000円、外工工事で2,310万円、合計で1億8,889万5,000円でございます。
○議長(渡部孝樹君) 他にありませんか。吉岡議員。
○吉岡茂樹君 京町保育園の増築工事の関係の5ページの関係でございます。平面図が出てると思いますけども、この件につきましては本年の3月9日の第1回の定例会でも論議されている部分だと思います。そんな中で2点ご質問いたしますけども、増築部分の機械室とあります。この分につきましては前回今村議員がボイラー室の件でご質問している件だと思いますけども、この機械室の使用目的、ボイラー室から名称が機械室に変ったんではないだろうかという部分が1点、それと玄関の関係も風除室を含めて玄関1・玄関2という形でこれにつきましては保育園とそして子供を育てるプレールームの関係で防犯上とかという論議がされていると思います。ただその中で、子供たち園児の動線の関係でございますが、この中で洗濯乾燥室と事務室の間、これが図面上では最大幅で2,250mmとありますけども、この分が事務室が出てると思います図面上。そうすると1,800mm程度の幅しか無いのかなというふうに見られますけども、その辺が1,800mmで足りるのかどうなのかということをお聞きしたいと思います。
○議長(渡部孝樹君) 町民福祉課長。
○町民福祉課長(高田芳和君) 始めに機械室の関係でございます。この機械室の利用につきましては暖房用のボイラー2台、それと給湯用温水器1台を設置する予定でございます。それで配管等が露出になりますので部屋で囲って利用したいということでございます。それと玄関につきましてはこれも前回論議されておりますが、定員が40名増える関係から玄関を増築しております。子供の下駄箱も増員分増設しなければならないということで玄関を増築させていただいております。子育て支援センターへの玄関ですけども、これにつきましても保育所の園児が登園した後施錠をして安全管理をしていく上で、玄関が別であったほうが好ましいということと、増築側の玄関には下駄箱を設置する関係上、そこからの侵入通路と言うんですか、そちらが確保できなかったという状況でございます。それと3点目の事務室と洗濯乾燥室の間でございますが、現状これはいじりませんが、物等置かないようにしておりますので支障は無く使っております。
○議長(渡部孝樹君) 他に。下司議員。
○下司義之君 先ほどの駐車場と搬入経路について戻りますけども、駐車場を利用する方は乳児を連れて来られる方というお話がありました。ただ、それから上のほうですか、町道福祉センター通り線の所はL字なので非常に安全性が確保できないというお話がありましたけども、果して本当にそうなんでしょうか。現場に行って確認して見たところではここで駐車場を作ったほうが車の出入りが非常にスムースに行えるというふうにしか思えないですね。現在の計画でこの狭いところを入って行って中でお母さん方が小さい子供を車に乗せた状態で取り回しをするという想定をするほうが危険度が高いのではないかというふうに思うわけです。それともう一つは、給食搬入経路について軌跡解析をされたということが言われましたけども、実際に車を走らせてみましたかということです。車で走ることを想定したときに給食用車両の大きさから考えて、グランド側からのアプローチのほうがはるかに児童会館側から入って行くことよりも安全性を確保できるんではないかと。それからスペース的にもそのほうがゆとりがあるんではないかというふうに思う訳です。搬入の状況を考えたときに、車の経路を考えたときにもグランド側からのアプローチのほうがずっと運転しやすさもそのほうが有効だというふうに思うわけです。その辺についてはどうなんでしょうか。図面上での検討で終わってるのかどうか。
(「関連して」という声)
○議長(渡部孝樹君) 今村議員。
○今村昭一君 今道路の話もしましたが、現場を良く見て、もしも現状に若干の無理があるとするならば道路の構造を若干変更してでも道路側のほうに持っていく、でこの園庭を潰すというような、これは潰すばかりでなく今言っていた危険性とか利用のし易さから言ってもおかしいんではないかと。
○議長(渡部孝樹君) 副町長。
○ 副町長(古川元三君) 下司議員と今村議員、関連でご質問いただきまして、まず実際車
を走らせたかどうかということでございますが、実際に車は走らせてございません。これはグランドからのアプローチがそこを通すとすれば今立木なんかございまして実際には車を走らせるような状況ではなかったので特にそこまではしてございません。グランドからのアプローチの件でございますが、まず京町公園の園路が真ん中に走ってございます。そこを多少短い距離ではあってもやはり給食センターはここの道路を使わないと物理的に京町保育園側には来れないということで、私どもといたしましては京町公園の園路はやはり歩行者が主に使っております。子供たちですと自転車も多分使うんだろうと思いますが、ここで給食車と仮に短い距離、と言っても10〜20m位の距離多分給食車は走ることになると思うんですよね。でここで歩行者と自転車等々が給食センターと交差するとクロスするということは安全上好ましくないということで、この案については採用いたしませんでした。駐車場でございますが、L字型の所の駐車場が良いか悪いかという点になろうかとおもいますが、一般的に本線にバックで出るとか、あるいは本線からバックで駐車場に入るというのは私非常に交通安全上危険な駐車場になるかと思います。一般の家庭ではそういうふうになってはいるんですが公共は設置する駐車場としては非常にこのましくないというふうに私は思います。こんな所でこんな話をすることはちょっと何々ですが、私昨年ですね車をぶつけられました。まさにこの駐車場だったですね。本線にバックで出てくる相手側の車両が私の車には気がついていたんですがあせってしまって、アクセルとブレーキを踏み間違えて出てきちゃったということなんです。やはりなかなか本線にバックで出るということは非常に何回も確認しなければならない、ただ本線ですから何時車が来るか分からないということでその方はあせったというふうにおっしゃっておられましたが、そういったことで私は本線からバックで出る、あるいは本線からバックで入ると駐車場は非常に私自身も非常に使いづらいというふうに日頃から感じておりますので、ここについてはちょっと交通安全上無理があるかなというふうに思ってございます。で中の駐車場を設けた理由でございますが、先ほど高田課長が申し上げました通り、ここは子育て支援センターに通って来られる方の駐車場ということでございまして、現場の副園長にもお聞きしました。どういう方が通って来られるのかということでお聞きしましたところですね、やはり先ほど申したとおり、小さいお子様をお連れになって、場合によっては2人連れで来る場合もあるそうで乳母車を押してくるケースもあるということなので、やはりここはなるべく近いほうが私としては現場もそうなんですがなるべく近くに駐車場を設けてあげたいというのが現場の声でもございました。それと園庭が狭くなるというのは確かにおっしゃるとおりでございます。それは今まで3・4・5才も含めての園庭でございました。今度3・4・5才は京町公園側のほうに園庭を広げますので面積的には数字的なことを申し上げて大変恐縮なんですが1・2歳児の園庭としてはこの広さで十分であるというこれも現場の声を反映させた結果でございます。
○議長(渡部孝樹君) 下司議員。
○下司義之君 僕はこの場面で副町長が答弁するような問題ではないと思います。今のような現場の話というのは担当課がするべきであって、副町長の出番ではないというふうに思いますよ。それともう一つは駐車場町道福祉センター通り線にバックで出ることが危険だというお話がありましたが、もっと交通量の多い商業施設などの大型商業施設などの駐車場においては当然バックで出るわけですよね。交通量は厚真のこの通りよりもずっと多いですよ。そういうことを考えたときに今の理論は成り立たないというふうに思います。それとそういう事を言われるのであれば、児童会館の西側か北側に町の駐車場があるわけですが、そこの改良も当然しなければいけないということになりますし、街の中にある駐車場がありますよね、京町2号線の所にありますよね、そういったところの駐車場も改良しないといけない、それは適切な設置ではないということになりますどもそれでよろしいですか。
○議長(渡部孝樹君) 副町長。
○副町長(古川元三君) 私が答弁したのがちょっと良くないということでございますが、私この件につきましては私非常に中に入って十分に入って私も一緒にお話を聞いておりましたんで最終的と言いますかコンサルタントとやりあう中でコンサルタントに返事をするということは私が最終的にそういう返事をしておりますので私が答弁させていただいた所でございます。おっしゃったように児童会館の所も確かにそういった形態の駐車場にはなってございます。これについては既存の施設ということでここは危険ということであればこの辺についても何らかの対策をしていきたいなというふうに考えてございます。街中の駐車場については私どもの設置している駐車場は確か前から出て駐車場の中でバックできるような、多分そういったことにできるようにしていると思います。本線にバックで出るような駐車場、すみませんちょっと私の知ってる範囲では無いというふうに思っておりますが。で、そういった実態もあるのは事実でございますが、これから作る、特にここは先ほど申し上げましたように子育て支援センターにお通いになって来る方ですね、で子供が小さい子供、多分チャイルドシートなんかに載せてきてなかなか私はお母さん方の注意も散漫になる可能性もございますし、そういった意味で私は現場の声もそうでございますのであの駐車場構内の中に園内の中に設置したのをベストではないかも知れませんがベターであったというふうに思ってございます。
○議長(渡部孝樹君) 他に。木本議員。
○木本清登君 教育長にお聞きしたいんですが、今後給食センターがここも担当となるんですよね。それでその辺の給食センターの体制作りとかその辺はどのように進めようとしているのか。
○議長(渡部孝樹君) 教育長。
○教育長(兵頭利彦君) ここへの給食センターからの給食の搬入については今担当課と詰めておりますので、その検討の結果を踏まえて適切に対応して参りたいと考えております。
○議長(渡部孝樹君) 吉岡議員。
○吉岡茂樹君 先ほどの私の質問の中で5ページの平面図の部分でございまいけども、再度質問させていただきます。その中で既存の施設の中のちょうど真ん中当たりに洗濯乾燥室、そして事務室の関係が私先ほど1,800mm位だろうと、図面上はこれ数字が出てませんから1,800mmということでございます。今新設するという部分での渡り廊下が2,700mm、そして3歳児から5歳児までのところの廊下3というのが2,250mmあります。ということは玄関から入って園児の動線と先ほど私言いましたけども、その入り口の段階で1,800mm程度かなと見ておりますけどもこれで本当に大丈夫なんでしょうか。ということは奥は広いんですが入り口が狭いというふうに見れます。
○議長(渡部孝樹君) 暫時休憩します。
               休憩 午前10時25分
再開 午前10時35分
○議長(渡部孝樹君) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。
吉岡議員の質問に対する答弁、町民福祉課長。
○町民福祉課長(高田芳和君) 今ご指摘をいただきました洗濯室乾燥室と事務室の間の通路でございますけども、今後入札執行し、執行残が出る段階でまた設計変更いたしまして通路を広げるという措置をしたいと思いますのでご理解をお願いいたします。
○議長(渡部孝樹君) 他に。今村議員。
○今村昭一君 4ページで給食搬入車でもう一度確認しますが、11時半かどこかその辺かなと、生徒と交差するからという話もありましたが、その時間帯にどのようなどこの生徒と交差するのかなということで確認したいと思います。それから赤線で囲ってあるのは工事範囲だと、でフェンスをするという、フェンスがどのように囲まれるのかは入ってませんけどもそのことも確認したいことと、赤線が入っている、先ほど1・2歳児の園庭と3・4歳児の園庭が違うと、どうもこっちのほうの北側のほうがこれが3・4歳児の園庭になるのかなと。昔、都市公園をそういうふうにして変更していくというのは非常に道の担当者は極めてその同じ面積だけ別に確保すれという位大変な当時京町保育園を移設すること自体が大変な苦労をした記憶もあるんですが、このような園庭を都市公園を簡単に囲むなんていうことそんなに簡単にできたのかなとその辺の所もちょっと経過をお知らせいただきたいなと。それと先ほどボイラー室の関係で吉岡議員から話がありましたけども、私もちょっとこの出だしの頃に質問した関係もありますけども、既存のほうはいわゆる誰でも何時でも保守点検できるような仕組みの家庭の暖房器具と同じような仕組みのもので、それぞれの部屋に設置しておりますけども、どうもセントラル式になったのかなと。そうするとその保守点検はどういうふうにするのかなと。業者に頼まなければならないという仕組みにしたのかどうか。何か検討しますというようなところから、どう検討したからこうなったという話はありませんでしたけども確認します。
○議長(渡部孝樹君) 町民福祉課長。
○町民福祉課長(高田芳和君) 京町保育園での搬入の時間でございますが、午前11時頃を予定しております。搬出は2時から3時の間、まだ正式に決めてませんが2時から3時の間位になるのかなというふうに想定してございます。この時間についてはまた教育委員会のほうと再度詰めていくことになります。あと、フェンスにつきましては4ページの図面で、まず京町公園側なんですがこの図面でいう右側のほう、囲むように赤線で囲んでますがそちらのほうにフェンスが着まして増築される3・4・5歳児の保育室の角までフェンスを持ってきます。それと駐車場と園庭の境の所にフェンスも着ます。南側につきましては現状付いていますが、その現状付いているフェンスはその状況は同じでございます。あと搬入路と公園園路の間、ちょうど今この図面でいきましたら園路のやや右側のほうになりますけども、そちらのほうまでフェンスが張られます。フェンスについては以上でございます。
○議長(渡部孝樹君) 建設課長。
○建設課長(堀 武志君) まず公園の関係の今村議員の質問ですけども、確かに昔は増設する部分購入すると言う関係で京町公園の立てたときには面積を取得した経緯がございます。ただ、今回の認定子ども園については道のほうの都市計画と3月位から幾度か協議を重ねまして6月28日に都市計画審議会、そのした議の内容を道と了解をいただいたことをご報告しまして、この7月5日に協議書を出して、告示行為が26日を行われるということで新たな面積の取得はございません。それがまず第1点と、赤線の関係の工事範囲ですけども、一般的に増改築する場合の柵ですから危険の無いような鉄板関係で覆うというこの工事範囲は全く目隠し状態ということになる工事範囲でございます。あと機械室とそういう保守点検、これはうちの職員で判定できるものについては直営で行いますし、それでも支障が大きくて直せないようであればそのボイラー関係の専門業者に委託する場合もございます。
○議長(渡部孝樹君) 副町長。
○副町長(古川元三君) ちょっと補足をさせていただきます。給食車が出入りする時間帯については先ほど課長から説明申し上げたとおりでございます。それからフェンスですね、ちょっと今の説明でわからなかったので改めて補足させていただきます。資料が大変悪く大変申し訳ございません。毎度のことでございます。誠に申し訳ございません。新しく設置するフェンスは、まず一つは既存のほうの園庭のほうです。ここに真ん中の当たり、駐車場のちょっと下に「AS」アスファルト舗装の意味だと思います。その通路がございます、その図面でいう上の部分にフェンスを、駐車場と園庭を分けるフェンスですね、ここに一つフェンスを張ります。もう一つは京町公園の園庭にする所ですね、この赤く囲ってる部分でございますがこれ全部赤線全部を囲うわけでは当然ございません。増設する園舎がございますね、それぞれの角にぶつけると思っていただいて結構でございます。京町公園のほうはずっとコの字型に囲ってぶつかる位置がそれぞれの増築する園舎の北の角と東の角ということになりますかねこれでいきますと、でそこにぶつかるという簡単に言うとそういうフェンスを張る予定でございます。それからボイラー室でございますが、ボイラー室に入るのはこれも先ほど説明したかと思いますが、暖房用のボイラーが1台入ります。これは実は移設も含めております。従来遊戯室の暖房用のボイラー、これがですね5ページの舞台収納庫を新たに設置するものですから、今収納庫に実はボイラーが入っているんですよ。遊戯室を暖める個別のボイラーが入っております。そこの隣に舞台収納庫を設置新設するものですからスペース的に具合が悪いと言うことなのでこれをまず機械室に移します。それと新たに保育室3室の分、この部屋を暖房するボイラーを新たに1台設けます。これで2台ですね。それともう一つですね、給湯ボイラーを設けることにいたしました。これは現場の声がございまして、今まで保育室のほうに手洗いがあったんですけどもお湯が出ないということもあったんで、それではお湯についてはセントラルでやろうと、これは電気温水器を使います。その3台が入るということなんでございます。当然配管類が入ってきますので、周りに当然配管をしなければならないのでやはりどうしても子供たちの危険防止ということを考えたらやはり閉鎖的空間にしなければならないということなので、何処かに入れば良かったんですけど3台のボイラーが入るスペースも無かったので機械室を新たに設けたということでございます。保守点検については、後ほど休憩をいただいて調べてまいります。確か定期的な保守点検はいらなかったように聞いておりますが、これは後ほど確認させていただきたいと思います。
○議長(渡部孝樹君) 暫時休憩します。
               休憩 午前10時48分
               再開 午前10時51分
○議長(渡部孝樹君) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。
今村議員の質問に対する答弁、町民福祉課町。
○町民福祉課長(高田芳和君) 先ほどのボイラーの保守点検でございますが、保育室の部屋が増えたと言うことでボイラーを増やしてますが、現在使用しているボイラーと同規模のボイラーでございますので点検保守の必要はございません。
○議長(渡部孝樹君) ほかに質疑はありませんか。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 以上で質疑を終わります。
次に、議案第3号に対する討論に入ります。
討論はありませんか。
下司議員。
○下司義之君 反対討論をいたします。京町保育園の増築工事に絡めて京町公園もいろいろ手を付けると言うことなんですけども、先ほどから質問させていただきました用地の有効利用と言うことを考えたときに、もう少し広い範囲でその発想を膨らませたときに、この給食搬入車の経路、それから駐車場についてはこの場所が適切ではないというふうに思います。交通安全上も給食搬入経路についてはこの児童会館前から侵入してくる経路よりも町道福祉センター通りから直接入るほうが有効だと思いますし、それから駐車場についても町道福祉センター通りに面した所に設置するほうが良いというふうに思います。以上の理由で私はこの案については反対いたします。
○議長(渡部孝樹君) 他にございませんか。
(「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 以上で討論を終わります。
それでは、議案第3号について起立により採決いたします。
本案について原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
(起立多数)
○議長(渡部孝樹君) 起立多数であります。
したがって、議案第3号は原案のとおり可決されました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎閉会の宣告
○議長(渡部孝樹君) 以上をもって、本臨時会に付議された案件の審議がすべて終了いたしましたので、本日の会議を閉じます。
これをもって、平成23年第2回厚真町議会臨時会を閉会いたします。
(午前10時53分)