――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◎開会の宣告
○議長(渡部孝樹君) ただいまから、平成28年第4回厚真町議会臨時会を開会いたします。
(午前 9時30分)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◎開議の宣告
○議長(渡部孝樹君) 直ちに、本日の会議を開きます。
(午前 9時30分)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◎議事日程の報告
○議長(渡部孝樹君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◎会議録署名議員の指名 
○議長(渡部孝樹君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
会議録署名議員に森田議員、伊藤議員を指名いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◎会期の決定
○議長(渡部孝樹君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。
お諮りいたします。
本臨時会の会期は本日1日限りといたしたいと思います。これについてご異議ありませんか。
(「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(渡部孝樹君) 異議なしと認めます。
したがって、そのように決定いたしました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◎諸般の報告
○議長(渡部孝樹君) 諸般の報告を行います。
議会閉会中における動向については、お手元に配付のとおりであります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◎提案理由の説明
○議長(渡部孝樹君) 日程第3、提案理由の説明を求めます。
町長。
○町長(宮坂尚市朗君) 本日ご提案申し上げる案件は、議案2件であります。
議案第1号 公共施設等LED化工事請負契約の締結について。
10月3日に実施した入札の結果に基づき、工事請負契約を締結することについて、地方自治法及び厚真町議会の議決に付すべき契約等に関する条例に基づき、議会の議決をいただこうとするものであります。
議案第2号 平成28年度厚真町一般会計補正予算について。
今回の補正は、歳入歳出予算の総額から歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ50万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ62億5,006万1,000円とするものであります。歳出における補正の内容は、農林水産業費において農業先進地視察等研修事業補助金の追加、災害復旧費において農業施設等災害復旧費補助金の追加であります。
この補正の財源として、繰越金の一般財源で50万7,000円と見積もり収支のバランスを取ったところであります。
以上が、本日ご提案を申し上げております議案の提案理由であります。
よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◎議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決
○議長(渡部孝樹君) 日程第4、議案第1号 公共施設等LED化工事請負契約の締結を議題といたします。
本案については、地方自治法第117条の規定により、三國議員は除斥となりますので退場を求めます。
〔三國議員退場〕
本案について、説明を求めます。
総務課参事。
○総務課参事(岩田善行君) (議案書により説明)
○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、議案第1号に対する質疑を許します。
  質疑ありませんか。
〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡部孝樹君) 質疑なしと認めます。
次に、議案第1号に対する討論に入ります。
討論はありませんか。
〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。
それでは、議案第1号について起立により採決いたします。
本案について原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
〔起立全員〕
○議長(渡部孝樹君) 起立全員であります。
したがって、議案第1号は原案のとおり可決されました。
ここで、三國議員の入場を求めます。
〔三國議員入場〕

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◎議案第2号の上程、説明、質疑、討論、採決
○議長(渡部孝樹君) 日程第5、議案第2号 平成28年度厚真町一般会計補正予算を議題といたします。
本案について説明を求めます。
総務課参事。
○総務課参事(岩田善行君) (議案により説明)
〇議長(渡部孝樹君) 続いて、補足説明を求めます。
  産業経済課長。
〇産業経済課長(西野和博君) (議案により説明)
○議長(渡部孝樹君) 説明が終わりましたので、議案第2号に対する質疑を許します。
○議長(渡部孝樹君) 井上議員。 
○井上次男君 7ページの農業後継者総合育成対策事業の中で先進地視察という件で、お答えの中に2名、アメリカという単純な答えだったのですが、視察内容がわかっていればお聞かせ願いたいと思います。
○議長(渡部孝樹君) 産業経済課長。
○産業経済課長(西野和博君) 視察の事業内容につきまして、若干説明をさせていただきたいと思います。
  事業内容につきましては、北海道農協青年部が主催します、第43回北海道JA青年部海外農業視察研修、これに とまこまい広域農業協同組合の青年部の厚真支部から参加する2名分の補助金ということでございます。
  視察の目的につきましては、将来の本町農業を支える地域の中核的な担い手を育成することを目的に、今回につきましてはアメリカの西海岸地域を対象に農業先進事情・農業実情などの視察研修を行うもので、アメリカの農業に直接触れ、この機会に見聞を広め、次代の農業地域活動・青年部活動に寄与するとともに、全国各地から参加する青年部員との交流を深めることを目的としているということでございます。
  日程につきましては11月6日から13日までの7泊8日で、視察先につきましては野菜とか花卉、果樹などの有機栽培の農家。それから酪農・畑作等の大規模農場、それからバイオエネルギー施設とかカルフォルニア州最大の農業団体、これはファームビューローと言われているもので、農協等で言えば中央会的なものということでございます。こういうところの7カ所の視察を予定しているということでございます。
  主要経費につきましては、1人 59万8,000円で、広域農協さんから15万円の助成があるという事でございます。町から15万円の助成ということで、個人負担につきましては29万8,000円ということになってございます。以上でございます。
○議長(渡部孝樹君) 下司議員。
○下司義之君 今の農業後継者対策事業の研修費の補助金なんですが、年度途中で補正とした理由について説明いただきたいんですが。
○議長(渡部孝樹君) 産業建設課長。
○産業建設課長(西野和博君) この青年部の研修につきましては、過去からずっと行われてきた経緯もありまして、平成11年以降の使用ですと10名ほど海外研修に参加しているということで、行き先とかJAさんからの助成金等の額等もありますが、アメリカ・ヨーロッパ・オーストラリア方面では大体15万円程度。それから東南アジア方面では5万円程度助成をした経緯がございます。ただ、平成20年ぐらいから参加者がいなかったということで、ちょっと途絶えていたということでございます。
昨年、また行く方がいらっしゃったということで開始したんですが、昨年につきましては町からの助成はなかったんですが、今回また開始するということでご要望もありまして、当初予算には載せられなかったんですが、今回補正で対応させていただきたいということでございます。
○議長(渡部孝樹君) 下司議員。
〇下司義之君 その当初予算に載せられなかった理由をお伺いしたい。
〇産業経済課長 これは、ご要望等をいただいたのは、28年1月ぐらいに懇談の中でご要望をいただいたということもござまして、28年の当初予算にはちょっと間に合わなかったということでございます。
〇議長(渡部孝樹君) 産業経済課長。
〇産業経済課長(西野和博君) 申し訳ございません。
  加えて、北海道のその募集をした期限が9月9日を期限に募集をしていたということで、9月定例会にもちょっと間に合わなかったのですが、今回補正という形で載せていただきました。
〇議長(渡部孝樹君) ほかに。
〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡部孝樹君) 以上で、質疑を終わります。
次に、議案第2号に対する討論に入ります。
討論はありませんか。
〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(渡部孝樹君) 討論なしと認めます。
それでは、議案第2号について起立により採決いたします。
本案について原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
〔起立全員〕
○議長(渡部孝樹君) 起立全員であります。
したがって、議案第2号は原案のとおり可決されました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◎閉会の宣告
○議長(渡部孝樹君) 以上をもって、本臨時会に付議された案件の審議がすべて終了いたしましたので、本日の会議を閉じます。
これをもって、平成28年第4回厚真町議会臨時会を閉会いたします。
(午前9時47分)

────────────────────────────────────────────――