北海道厚真町


厚真町について


明治以前の厚真・厚真の夜明け

ここ最近の遺跡の発掘調査で、今から約6,500年前の縄文時代早期から人々が暮らしていたことが分かっています。

ただし、町境の苫小牧東部には1万年以上前の旧石器時代の遺跡が調査されていることから、この厚真町でもこのころから人が住み始めていたと思われます。

この後、本格的に人々が住み始めるのは、縄文時代前期で地球的規模の温暖化により、海水面が上昇し、現在の厚真市街付近まで遠浅の海の入り江が発達した時代と思われます。この頃、苫小牧や千歳、早来では多くの貝塚や集落が残されますが、残念ながら、町内には貝塚は見つかっていません。

しかし同じような地形であることから、近い将来発見されるものと期待されています。今からおおよそ5,000~6,000年前の縄文時代の中期になると数多くの遺跡が残され、「厚真1式土器」という胆振東部から日高地方にかけての地域に広がる土器文化も発達します。

さらに、約4,000年前には現在の厚真ダム付近まで遺跡が数多く残され、たくさんの人が住んでいたことが分かっています。厚真の山間部まで縄文人が入ってきた理由として、この地域で沢山取れる“砂岩”の移出が考えられています。砂岩は、縄文人にとって、磨製石斧を作るのに欠かせない砥石の材料となる石で、特産品として盛んに物々交換が行われていたものと思われます。

また、胆振、日高にはほとんど見られない異質な土器が少量ながら見つかっていることから、この様な交易のために、富良野や新得までの山越えのルートがあったものと思われます。

この頃、隣りの苫小牧市東部では、国指定史跡の静川環濠遺跡が作られていた時代でもあります。縄文時代の終わり頃になると、朝日遺跡からは大正時代に沢山の土偶が発掘され、いろいろな“まじない”が行われていたようです。

さらに厚真では縄文時代を通じて、“Tピット”と呼ばれるエゾシカの落し穴が沢山見つかっています。海岸部の浜厚真3遺跡で187基、山間部の厚幌1遺跡では95基と極めて多くの落し穴が発掘され、他に山の頂上でも発見されていることから、大昔より冬、雪が少ない厚真に秋から冬にかけてエサを求めて移動してくる沢山のエゾシカを狙ったものと思われます。

約2,000年前の続縄文時代に入っても多くの遺跡が残され、中央小学校や軽舞小学校などの高台から道南地方の影響を受けた土器が見つかっていますが、この時代の遺跡の発掘調査が少ないため、まだよく分かっていません。

本州の奈良・平安時代にあたる擦文時代では、小規模な集落が海岸部から山間部にかけて点々と残され、約1,000年前の擦文土器や須恵器が発見されています。今年度より発掘調査が始まりました上幌内モイ遺跡では、この時期の作業場と儀礼の場が見つかっています。儀礼の場は焚き火跡を中心に火を受けた青銅製のお鋺やクルミ、キビ団子、シカの骨などがまとまって見つかっており、何らかの祈りの場所であったと思われます。特に、青銅製鋺は4個体分ほど出土しており、まとまって見つかることは平取町カンカン2遺跡に継ぐものです。

なお、この鋺は、朝鮮半島で作られたものである可能性もあり、今後の分析に期待がよせられています。また、擦文時代における儀礼の場所が見つかることも、これまでの道内における発掘調査では、ほとんど例が無く、次のアイヌ文化の成立を考えるうえでも貴重な発見です。他の鉄斧や須恵器も本州からもたらされもので、厚真の山奥で、当時でも貴重な遺物が続々と発見されていることから擦文時代の後半期の生活や儀礼行為、交易について、この厚真町の遺跡の発見からいろいろな情報を発信できるものと思われます。

擦文時代に続くアイヌ文化期では、幌内地区の遺跡からシャクシャイン戦争以前のアイヌの人々の生活の跡が見つかっています。厚幌1遺跡からは、北方系の短粒のオオムギやアズキ、ヒエ、アワなどの栽培穀物とブドウやドングリなどの野生種がまとまって見つかり、儀礼を行っていたようです。北方系オオムギの出土は、この時期の道央部では初めての発見でもあります。また、上幌内モイ遺跡では、囲炉裏跡をもつ家(チセ)の跡や倉庫跡が見つかっています。これらの発見は、和人の経済活動が浸透する以前の、自然と共に生き、和人とも相互補完的に対等な交流を持つ本来のアイヌの人々の生活を考えるうえでも、貴重な発見でもあります。

今からおおよそ340年前の江戸時代の前半に起きた樽前山の大噴火は、胆振から日高にかけてのアイヌの人々の生活を襲い、松前藩との大きなシャクシャイン戦争へと発展します。厚真に関しては「於多久具印住處阿津摩ニテ討取ル」と江戸時代の古文書に書き残されています。この時の戦いに使われたと思われる砦(チャシ)跡が桜丘の山に残っており、今でも当時、作られた大きな堀の跡を見ることができます。

江戸時代の終わり頃の厚真には大きく3つのアイヌコタンがあり、厚真川河口のアツマコタン、厚和のキムンコタンと富里のトンニカコタンがありました。北海道の名付け親である松浦武四郎が厚真川河口から遡りトンニカコタンで2泊ほどしています。日誌によると、アワやインゲン豆を栽培し、夜の畑のシカ除けや狩に厚真犬が活躍していたことに感心しています。また、武四郎は厚真で二句の短歌を残し、うち一句は来訪100年を記念して富里に石碑を建立してあります。

この様に、本州から農業開拓者が厚真に入るはるか前より、エゾシカをはじめとする狩猟、木の実や山菜などの採集、また、縄文時代では砥石材料の砂岩やメノウなどの石材など、この厚真でたくさん採れる山の恩恵を授かり、厚真川流域に広がる平坦な高台に先史時代より延々と人々が生活を営んでいたことが分かっています。

現代を生きる私たちは、これら先人たちが故郷の自然と共に生きていた歴史を謙虚に学び、次代へ魅力ある厚真町の財産として送る責任が課せられています。


厚真町について

loading