北海道厚真町


くらしの窓口


1.ハザードマップとは?

ハザードマップは、災害が発生した場合に、災害現象により影響がおよぶと想定される区域および避難に関する情報を地図にまとめたものです。
平常時からの防災意識の啓発と、災害時における円滑な避難行動の促進によって人的被害の軽減を図ることが主な目的です。

2.ハザードマップの使い方(例)

①洪水ハザードマップ
・自宅の浸水深(水面から地面までの深さ)の確認
・自宅近くの避難所の確認
・自宅近くの土砂災害危険箇所(土砂災害の発生が予想される箇所)の確認

②津波ハザードマップ
・自宅の浸水深(水面から地面までの深さ)の確認
・自宅近くの避難所の確認
・避難経路の確認
・津波第1波到達予想時間の確認

※上記の使い方以外にも、マップに家族の連絡先を書き込む、非常持ち出し品のチェックなど、様々な使い方があります。

3.その他

ハザードマップは、降雨や津波の規模、堤防の破堤について条件を与えて、シミュレーションを行った結果を表示しています。
そのため、浸水想定区域に指定されていない区域においても、災害規模によっては浸水する場合や、想定される水深が実際の深さと異なる場合があります。

 

洪水ハザードマップ(PDF)

津波ハザードマップ(PDF)


くらしの窓口

loading