北海道厚真町


くらしの窓口


高齢者福祉(介護サービス含む)

基本的考え方

高齢者保健福祉分野
  1. 高齢者の能力に応じて、自立した日常生活を送ることができる自立支援サービスの確立
  2. 高齢者の人格、人権を尊重し、地域ぐるみで自立を支援する体制の確立
  3. 高齢者の潜在的・顕在的能力を生かし、できる限り地域社会に参加できる条件の整備>
介護保健分野
  1. 経済的理由などに左右されない、利用者本位で公正な介護サービス体制の確立
  2. 介護を要する状態になっても、安心と希望を持って老後を迎えることができる介護基盤の整備
  3. 在宅で介護を要する高齢者がいても、家族が安心して生活できる居宅介護サービスの確立

在宅高齢者生活支援サービス

No 事業名 事業の概要
1 [単] 寝具洗濯乾燥サービス事業 65歳以上の一人暮らしの人を対象に、ふとんの丸洗いを年1回、乾燥を年2回。
2 [単] 緊急通報システムの設置事業 70歳以上の一人暮らしの人が、急病など緊急な場合に消防署に通報。
3 [単] 軽度生活援助事業 介護保険の対象とならない65歳以上の一人暮らしの人にホームヘルパーを派遣。(社会福祉協議会に業務委託)
4 [単] 生活管理指導短期宿泊事業 介護保険のショー卜ステイの対象とならない65歳以上の高齢者と同居している家族が、旅行や冠婚葬祭などで家を留守にする場合など特別養護老人ホームで一時的に介護。(豊厚園に委託)
5 [単] 生きがい活動支援通所事業 介護保険によるデイサービスの対象とならない虚弱な65歳以上の人に対して、デイサービスの定員の範囲内でサービスを提供。
6 [単] 居宅介護サービス
利用負担額軽減対策事業
所得税非課税世帯は、住宅改修費の支給限度額に10万円を限度に上乗せ補助。
7 [単] 介護住宅改修補助事業 介護保険による要介護者等がいる住宅のトイレや浴槽、居室などを改修する場合に、
・所得税非課税世帯は、70万円
・所得税課税世帯(前年分の所得税の合計額が50万円以下の場合)は、35万円を限度に補助。
8 [単] 生活支援センター
「ともいき荘」運営事業
60歳以上の一人暮らし、虚弱な夫婦世帯、自宅で十分な生活援助を受けられない人の生活を支援する居住施設。
平成13年4月に開設。(単身者室14室、夫婦室3室)
9 [単] 外出支援サービス事業
(機能回復訓練 移送事業)
週3回、パワーリハビリテーションの参加者を自宅から総合ケアセンター「ゆくり」まで送迎。
10 [単] バス利用補助事業 ・路線バスが運行している地区の65歳以上の高齢者などを対象に通院、 買い物などであつまバスを利用した町内移動は1回当り利用者負担が100円の無料パスを発行。
・町外移動は、介護保険料段階が1~3段階の方は月3往復分無料、4段階以上の方については半額助成。
11 [単] 入浴助成事業 70歳以上の人の健康増進と引きこもり防止のために、月1回分の「こぶしの湯」の入浴券を発行。
12 [単] 高齢者大学の開催 65歳以上の人の生きがい対策と引きこもりを防止するため、年10回開催。
13 [単] ペタンク大会の開催 65歳以上の人の交流と健康維持、引きこもり防止のため、年1回実施。
14 [単] 介護手当支給事業 要介護3以上の要介護者を介護している家族に対し、慰労金として月額1万円を支給。
15 [単] 介護タクシ一利用者助成 要介護度が重く自家用車での通院が困難なため、介護タクシーで苫小牧市内の病院に通院する場合に往復料金の半額を助成。
16 [単] 老人クラブ健康教室 各老人クラブを対象に転倒予防、口腔衛生について講話や実技などを実施。
17 [単] 高齢者料理教室 65歳以上の高齢者を対象に、食生活改善推進協議会がバランスの取れた食生活のための料理教室を実施。
18 [単] 100歳祝い金
米寿祝い金支給事業
満100歳を迎えた高齢者に誕生日に20万円を支給。数え年88歳を迎えた高齢者に、敬老の日に3万円を支給。

[単]は、補助金を一切含まず、町単独事業として取り組んでいる事業。

社会福祉協議会の在宅サービス(介護保険サービスを除く)

No 事業名 サービスの内容
1 ほのぼの人生のつどい 65歳以上の一人暮らしの高齢者の交流を図るために、町内の施設などで毎年2回実施。
2 ふれあいサロン 地域の高齢者など住民の交流を図るため、地域の会館などで交流会を開催(月に1回以上)
3 住宅環境改善事業 概ね70歳以上の一人暮らしの高齢者等を対象に、窓枠のビニール張り、蜂の巣の駆除などを実施。(高齢者事業団に業務委託)
4 給食サービス事業 概ね70歳以上の一人暮らしの高齢者やこれに準じた方で、調理が困難な世帯に、配食ボランティアが配達。
5 小地域ネットワーク活動
(地域助け合いチーム)
一人暮らしの高齢者に、地域の人たちが除雪や草刈などを実施。

介護保険サービスの居宅サービス

介護サービス名 サービスの内容 厚真町を対象とする事業者
訪問介護
介護予防訪問介護
訪問介護事業所のホームヘルパーが要介護者等の自宅を訪問しての身体介護や家事援助。 厚真町社会福祉協議会ほか
訪問入浴介護
介護予防訪問入浴介護
訪問入浴事業者が入浴車と必要な介護職員を配 置して、要介護者等の居室などで入浴。 苫小牧市
(株)アースサポートほか
訪問看護
介護予防訪問看護
訪問看護ステーションの看護師が要介護者等の自宅を訪ね、医師の指示に基づいて療養上の援助や診療の補助を行う。 北海道総合在宅ケア事業団
苫小牧地域 厚真訪問看護ステーンョン
通所介護
介護予防通所介護
(デイサービス)
要介護者等の心身機能の維持・向上を図るとともに、家族の介護に対する負担を軽減。町内には2か所設置。 (1)あつまデイサービスセンター
(2)厚南デイサービスセンター
通所リハビリテーション
介護予防通所リハビリテーション(デイケア)
要介護者等の心身の機能が低下しないよう、医学的管理のもとで計画的に苫小牧市内の病院でサービスを提供。 苫小牧市光洋クリニック
短期入所生活介護
介護予防短期入所生活介護(ショー卜ステイ)
要介護者等の自宅に医師や歯科医師が訪問し、 療養上の管理や指導。 (1)特別養護老人ホーム
「豊厚園」
(2)特別養護老人ホーム
「慶寿苑」ほか
短期入所療養介護
介護予防短期入所療養介護(ショー卜ステイ)
医療施設で要介護者を一時的に介護。 老人保健施設、指定病院
居宅療養管理指導
介護予防居宅療養
管理指導
要介護者等の自宅に医師や歯科医師が訪問し、 療養上の管理や指導。 町内の医師、歯科医師
福祉用具の貸与・販売 要介護者等の日常生活を支援するための福祉用具のレンタルと販売事業者からの購入。 指定を受けた事業者
住宅改修 段差の解消や手すりの取り付けなど20万円を限度に改修。 特に指定を受けた業者であること は不必要
居宅介護サービス
介護予防サービス
計画の作成
介護サービス・予防サービスを受けるためのケアプランの作成。 (1)あつま居宅介護支援事業
(厚真福祉会)
(2)ほのぼのライフケアあつま
(町社会福祉協議会)
(3)厚真町地域包括支援センター
(役場町民福祉課)

介護保険の地域密着サービス

介護サービス名 サービスの内容 厚真町を対象とする事業者
認知症対応型通所介護
介護予防認知症対応型
通所介護
認知症がある要介護者等の心身機能維持・向上を図るとともに、家族の介護に対する負担を軽減。

デイサービスセンター
「 ほんごう」

認知症対応型共同生活介護
介護予防認知症対応型共同生活介護
認知症の高齢者を家庭的な雰囲気を持った小規 模な施設で介護をし、症状の進行を防止(要支援2以上の方が対象)。 高齢者グループホーム
「やわらぎ」
高齢者グループホーム
「えがおの家」

介護保険の施設サービス

施設区分 施設の種類 サービスの内容 施設名
(整備目標/整備数)
介護老人福祉施設 特別養護
老人ホーム
サービス計画に基づいて、入浴、食事、排泄などの日常的な生活の世話や機能訓練、療養上の管理を行うサービス。 「豊厚園」など
(730床/730床)
介護老人保健施設 老人保健施設 病院から自宅に戻るためのリハビリテーションや介護を受けたり、日常生活の世話をするサービス。 苫小牧市「ケアライフ王子」など
(494床/438床)
介護療養型医療施設 療養型病床群 病気の治療をしながら介護や機能訓練などを受けることができるサービス。 苫小牧市内の病院など
(424床/192床)

介護保険の地域支援事業サービス

区分 No 事業名 サービスの内容
介護予防事業 1 生活自立支援事業
(いきいきサポー卜事業)
特定高齢者(要支援、要介護状態となるおそれのある方)を対象に、総合ケアセンターゆくりを利用し、レクリエーションなどを実施。
(町社会福祉協議会委託)
2 パワーリハビリテーション 保健師や健康運動指導士等でチームを編成し、転倒や骨折など老化による虚弱化を予防するため、医療卜レーニングマシンを使用した高齢者のリハビリテーションを総合ケアセンター「ゆくり」で実施。
包括的支援事業 3 介護予防
マネジメン卜事業
介護予防事業のサービスを受けるため、ケアプランを作成。
(厚真町地域包括支援センターで実施)
任意事業 4 家族介護教室 要介護高齢者を介護する家族等に対し、適切な介護知識・技術を習得することを内容とした教室の開催。
5 介護用品の支給 在宅で介護を受けている要介護4以上の要介護者が使用する紙おむつ 尿取りパッ卜、使い捨て手袋、清拭剤などの介護用品を支給。
(住民税非課税世帯の方が対象)
6 家族介護者交流事業
(リフレッシュ事業)
要介護者を介護している家族に、温泉などでリフレッシュしてもらうため東胆振3町(厚真町、安平町、むかわ町)共同で実施。

くらしの窓口

loading