北海道厚真町


くらしの窓口


地震時の行動

家にいるとき

余震に備える
出火防止の行動
出火防止の行動
  • ストーブ、炊事の火、ふろの火、たばこの火、仏壇の線香など使っている火をすべて消しましょう。
  • ガスの元栓をすべて確実にしめる。ガス漏れがあればタバコの火など火気使用の禁止を周辺に徹底する。
身を守る行動
身を守る行動
  • 「火を消して!」と大きな声を出して、自分の家族の意識と目的をはっきりさせる。
  • そうしながら、身の安全を守る行動を取りましょう。
    • ※テーブルや机の下などに入る。
    • ※乳幼児をとっさに守る。
    • ※座布団などの手近なもので頭を守る。
    • ※冷蔵庫、ピアノ、食器棚、タンス、本棚などから離れる。
身を守る行動
  • 出口の保管
    • ※中高層住宅(マンションなど)では、玄関ドアや避難通路への戸を開け放つ。

外出中のとき

駅などでは
駅などでは
  • 落下物から頭を守りましょう。
  • 階段へ走り寄らない。
  • 線路に入らない。
  • 構内放送や係員の指示に従いましょう。
乗り物内では
乗り物内では
  • 電車、バス、列車などすべて停車します。
  • 乗務員の指示に従いましょう。
  • 列車内にいるときは、勝手に外に出ないようにしましょう。
人の集まっているところでは(スーパー、デパート、ホールなど)
街頭では
街頭では
  • 落下物を避けて、ビルなどの建物からすばやく離れ、安全と思われるところへ避難しましょう。
  • 持ち物か両手で頭を守りましょう。
  • 店頭のショーウインドウなどのガラスや、自動販売機、転倒の危険から遠ざかるようにしましょう。
車を運転しているとき
車を運転しているとき
  • 前後の車に注意し、交差点をよけて道路左端に停止し、緊急車両を優先させるようにしましょう。
  • 道路状況が不明、信号がつかないなどで走行できなくなります。ラジオで情報を聞くようにしましょう。
  • 車を離れる場合は、キーをつけたまま、ドアロックもしない。
行楽地にいるときは(海岸など)

くらしの窓口

loading