北海道厚真町


くらしの窓口


既存住宅の耐震改修費補助

安全で安心して生活できる住まいの実現のため、既存住宅耐震改修補助事業を次のとおり実施します。
住宅の耐震改修工事、または外壁改修工事等を予定している方は、ぜひこの制度を活用ください。

補助の対象となる住宅

  1. 昭和56年5月31日以前に着工された戸建て住宅、長屋住宅、併用住宅(店舗等の部分が2分の1未満)および共同住宅
  2. 耐震診断の結果、現行の耐震診断規定と同程度の性能を満たさないと判断された住宅
  3. 耐震改修工事を行おうとする方が自ら居住している住宅
  4. 共同住宅にあっては管理組合の議決を経ていること
  5. 戸建て住宅は、隣地境界線から7m以内に建設された住宅
  6. 共同住宅は隣地境界線または道路境界線から建物高さ以内の住宅
  7. 建築基準法その他関係法令に明らかに違反がないこと

補助の対象となる工事

耐震診断の結果により、倒壊の危険性があると判断された既存住宅の耐震改修工事で、その内容が耐震関係規定または地震に対する安全上これに準ずるものとして国が定める基準に適合していることが必要です。木造住宅の場合は、北海道が行っている無料耐震診断を活用することができます。

 補助の内容

  1. 改修費の補助対象経費が20万円以上、200万円以内の場合は20万円
  2. 改修費の補助対象経費が200万円を超える場合は、その10%以内とし30万円が上限
  3. 改修費の補助対象経費が20万円未満の場合は、その費用

※補助対象経費には耐震改修工事に係る附帯工事も含みます。

併せて利用できる補助制度

上記の耐震改修工事と併せて実施する住宅リフォーム等の費用に対して、最大で45万円(補助率:リフォーム費用の5分の1)を助成する「住宅リフォーム等推進補助金」制度があります。耐震改修工事を予定している方は、ぜひこの制度をご活用ください。
※住宅リフォームだけの改修工事では該当になりません。

北海道の無料耐震診断について

北海道の無料耐震診断は、事前申込み(電話可)が必要で、以下の要領で行ないます。

  1. 受付時に住宅状況を示す関係図面が必要です(聴き取り調査を併せて行います)。
  2. 持参された関係図面等の資料を一旦お預かりし、受付後2週間を目途に診断結果の通知と図面等の返却を郵送で行います。

様式など

申し込み
建設課 建築住宅グループ
電話:0145-27-2325(内線425)
開庁時間:8時30分~17時30分(土曜・日曜・祝日および12月31日~1月5日は除く)
無料耐震診断問い合わせ
胆振総合振興局 建設指導課建築住宅係
電話:0143-24-9594

(平成31(2019)年4月12日更新)


くらしの窓口

loading