Slow and Local life in Atsuma

厚真の住まい探しをお手伝い

北海道に住みたい。
自然と隣り合わせの生活がしたい。
子どもをのびのびと育てたい。
家族が増えたので大きな家に引っ越したい。
田舎でのんびり暮らしたい。
新しい事業を始めたい。

そんな、一人一人の願いが叶い、
厚真町で快適な生活が送れるように
みなさんの住環境をサポートします。

厚真町はこんな町

新千歳空港から35分

北海道の南西部、太平洋に面する厚真町は、苫小牧市のすぐとなり。車で札幌市まで約80分、新千歳空港までは約35分。 陸、海、空すべての交通アクセスに恵まれ、東京へ余裕のある日帰り往復ができます。

新千歳空港 車で35分
フェリーターミナル 市街地から20分
高規格道路IC 市街地から15分

厚真町はこんな町

広大な田園風景

明治の開拓期から厚真川水系を利用して稲作が盛んに行われてきた厚真町。春になると一斉に田んぼに水が張られ、秋には町全体が黄金色に輝きます。
水稲以外にも多品目の農産物が生産され、ハスカップの栽培面積は日本一。7月下旬には町のあちこちにあるハスカップの木が青紫の実をつけます。

厚真町はこんな町

サーフスポット

町の南部、浜厚真海岸は北海道屈指のサーフスポット。年間約6万人のサーファーが集まります。 遠浅が続く地形は波が安定していて、いつでもサーフィンが楽しめます。駐車スペースも広く、清潔な水洗トイレには砂落とし場も完備。 近くには、日本ATV協会公認のバギー専用サーキットがありチャンピオンシップレースも開催されます。

厚真町はこんな町

温和な気候

雪国、北海道の中でも厚真町のある胆振地区は最も降雪が少なく比較的温暖で暮らしやすい地域です。 北海道暮らしの難点でもある除雪の心配がありません。 また、雪解けが早いので春の訪れも早く、夏は蒸し暑さがなく、爽やかに過ごすことができます。

厚真町はこんな町

1年中楽しめる

お祭りやスポーツ大会など、季節を感じるイベントが開催され、温浴施設「こぶしの湯あつま」は通年営業。 豊かな自然が残る厚真町では、日常に野生動物が顔をのぞかせます。春や秋には山菜採りに出かける楽しみも。

家を建てる

森と暮らす「フォーラムビレッジ
森に暮らす「ルーラルビレッジ
海風の吹くまち「かみあつまきらりタウン
便利な田舎に暮らす「厚真町市街地

厚真町には4つのエリアに5つの分譲地があります。どの分譲地も魅力的で、それぞれの個性があります。理想の田舎暮らしを実現できるロケーションを見つけてください。

フォーラムビレッジ
ルーラルビレッジ
かみあつまきらりタウン
厚真町市街地

家を借りる

厚真町では子育て世帯のための家
子育て支援住宅の建設を進めています。
町営住宅は、単身者用から家族向けの3LDKまで間取りもいろいろ。 市街地には民間アパートなどの賃貸住宅もあります。

家族の状況やライフスタイルの変化に合わせて、「ちょうどいい住宅」をお選びください。

子育て支援住宅
町営住宅 賃貸住宅

空き家バンク

厚真町では、空き家を売りたい・貸したいとお考えの所有者から空き家の情報を「空き家バンク」に登録していただき、公開しています。 少し古いけどまだまだ住める家、誰も住まなくなってしまった家などを探してみませんか。
空き家バンクに登録された物件には空き家リフォーム資金を補助する制度もあります。

ちょっと暮らし

気になるけれど、住んでみないとわからない。移住してから後悔したくない。
そんな不安を少しでも解消してもらうために、お試し移住体験の「ちょっと暮らし」を実施しています。生活必要品一式がそろった一戸建て住宅でお試し移住してみませんか。

住まいに関する制度

厚真町空き家等利活用資金貸付制度

厚真町内の空き家住宅とその敷地を購入し改修するための資金を貸し付けます。※対象者、対象地域に制限があります。※空き家活用事業補助金との重複はできません。

パークタウン新町貸付制度

パークタウン新町の宅地の借地料を払っていくと、25年後にはその住宅地が自分のものとなる制度です。

フォーラムビレッジ建築助成金

フォーラムビレッジに住宅を新築される場合の最大150万円の助成金です。

かみあつまきらりタウン建築助成金

かみあつまきらりタウンに住宅を新築される場合の最大200万円の助成金です。

全ての制度を見る