北海道厚真町


雇用と産業


農作業安全確認運動

近年、全国の農作業死亡事故者数は、年間300人前後で推移している状況です。事故件数を減少させることが喫緊の課題となっており、農作業事故防止に向けた対策の強化を図るため、春作業が行われる3~5月と、秋作業が行われる9~10月を重点期間として、農業機械作業の事故防止等に向けた「農作業安全確認運動」が実施されています。

運動期間

令和3年9月1日(水)~10月31日(日)(2か月間)
乗用型トラクターの転落・転倒対策をしましょう着けててよかったシートベルト農作業安全確認運動の重点推進テーマを「見直そう!農業機械作業の安全対策」とし、乗用型トラクター等の作業におけるシートベルト・ヘルメットの着用徹底など、農業機械作業の安全対策を見直す運動を展開しています。
農林水産省が(公財)交通安全総合分析センターの集計結果(H27~R1)を分析した結果、シートベルトを着用することで死亡事故の発生を大幅に低減することが明らかとなりました。



農作業死亡事故多発緊急警報

令和3年度は、8月31日までに道内で7件の死亡事故が発生しています。
死亡事故の原因は、全体のうち5件、71%が農業機械によるもので、内訳はトラクタの転倒・転落が3件、フォークリフトとショベルローダの下敷きが2件となっています。
これから収穫の最盛期を迎えますが、この時期は事故が発生しやすくなります。特に、トラクターなどの各種農業機械による事故は、発生すると重症度が高く、死亡につながる恐れがありますので、次の点に十分注意してください。

問い合わせ
産業経済課 農業グループ
〒059-1692 勇払郡厚真町京町120番地
電話:0145-27-2419(直通)
開庁時間:8時30分~17時30分(土曜・日曜・祝日および12月30日~1月4日は除く)

令和3(2021)年9月13日更新


雇用と産業

loading