北海道厚真町


くらしの窓口


防災行政無線を活用した情報伝達

町内の全世帯と公共施設・学校や事業所などに設置され、災害発生時の情報伝達に使用されています。災害(水害・台風・地震・津波)などの気象情報や災害が発生した時は、防災無線の放送をお聞き下さい。

また放送は、行政分野に限らず消防活動や、自治会活動、経済団体などの分野で多用な活用が図られています。
※お住まいの住宅に防災無線が未設置の場合は、設置についてご検討ください。

防災無線の放送時間

放送している機関・団体名称 放送している時間帯 備考
役場 12時20分~12時30分 20時~20時10分 自治会によっては定時放送していないところもあります。
消防 12時20分~12時35分 19時10分~19時15分
とまこまい広域農協 12時35分~12時45分 19時15分~19時25分
自治会 19時30分~
または
20時30分~
役場の放送時間を除く

防災無線戸別受信機の設置・故障・修理について

転入時の設置・故障・修理が必要な時は下記にお問い合わせください。戸別受信機本体は貸与で、取り付け料は無料です!

※転出時には忘れずに役場へご返却ください。

※注)通常の使用は家庭用電源で使用しますが、災害時の停電に備えて必ず使用できる乾電池を装填してください。

※注)電源にかかる電力料金及び乾電池代はそれぞれのご家庭でご負担ください。

防災無線の放送が聞こえない?

町民の皆さまのご協力により、令和3年度をもって町内すべての防災行政無線のデジタル化が完了しました。
デジタルの防災行政無線は、アナログ方式と比較して音声が明瞭になる、通信エリアが拡大する(一部地域を除く)といったメリットがある反面、デジタル方式特有の特徴から、放送がプツンと切れるといった症状が発生する場合があります。主な原因は次のとおりです。

放送が途切れる主な原因

①コンセント周辺から電波干渉を受けている
 防災行政無線の戸別受信機は、受信機の電源コードを差すコンセント周辺から電波の影響を受けやすくなっています。下の写真のような環境下では、正常に放送が受信ができない場合があります。

②周辺の機器(家電等)から干渉電波を受けている
 戸別受信機の近くに、テレビや冷蔵庫、電子レンジ等があると、電波の干渉を受ける場合があり、正常に放送が受信できないことがあります。

③季節的な要因
 季節によって大気の状態や周辺の自然環境などの変化の影響で、これまで正常に受信していても突然、受信できなくなることがあります。
(例)周辺の木に葉が生い茂ることにより電波が受信できないなど

放送が途切れた場合にお試しください

コンセント周りを整理する 戸別受信機を窓側に移動する
・可能であれば他のコンセントは使用しない
・たこ足配線せずに、直接コンセントに電源コードを差す
・家電などから遠ざけて、窓の近くに移動する

大半のケースは、これらの対策で解消されますが、さまざまな要因で正常に受信できない場合があります。
改善されない場合、防災グループまでご連絡ください。

問い合わせ
総務課 防災グループ 
電話:0145-27-2481
開庁時間:8時30分~17時30分(土曜・日曜・祝日および12月30日~1月4日は除く)

(令和4(2022)年5月24日更新)


くらしの窓口

loading